2022.3.30

ロレックス 2022年新作モデルを発表!買取相場への影響は?

出典:https://www.rolex.com/ja/watches/new-watches/new-gmt-master-ii.html

飛ぶ鳥を落とす勢いで高騰を続けるロレックス。スポーツモデルを中心に、資産価値が上がり続けています。Watches & Wonders Geneve 2022 においても最注目ブランドとして扱われ、3月30日についに待望の新作がベールを脱ぎました。

この記事ではロレックス 2022年新作モデルの魅力や特徴を紹介いたします。

今後のロレックス市場を左右する注目モデルとは?

『 PREMIER VALUE 一括査定』で査定する

提携業者60社以上&海外バイヤーの中で一番高い査定額を、当サービスコンシェルジュがお客様にご提示します。

簡単無料たった30秒
▼商品を一番高く売りたい方はこちら▼
WEBで査定する LINEで査定する

ロレックス 2022年新作 GMTマスターII Ref.126720VTNR

ロレックス 2022年新作 GMTマスターII Ref.126720VTNR

出典:https://www.rolex.com/ja/watches/new-watches/new-gmt-master-ii.html

ロレックス 2022年新作の目玉と呼べるモデルが、こちらのGMTマスターII 126720VTNR。
黒×赤、黒×青ベゼルではなく、新色となる黒×緑ベゼルを備えることが最大の特徴です。
シックなブラックダイアルに堅牢なオイスターブレスを備え、スポーティーな印象に仕上がっています。
GMTマスターの新作ではありますが、サブマリーナ グリーンサブを彷彿させるデザイン性を持ちます。

ロレックス 2022年新作 GMTマスターII Ref.126720VTNR

出典:https://www.rolex.com/ja/watches/new-watches/new-gmt-master-ii.html

126720VTNRのもう一つの特徴としては、ロレックスとしては初となる左リューズを採用していること。
手の甲にリューズが当たらないことから、実用性にも優れます。
リューズだけでなく日付表示も左側に移動しており、これまでのロレックスにはない独特な存在感を放ちます。

なお、搭載ムーブメントはパワーリザーブ約70時間を誇るCal.3285を搭載。こちらは青黒ベゼルや赤青ベゼルと同様です。
予想の斜め上を行く新作モデルとなりましたが、今後大きな人気を博すことは間違いありません。
ラインナップとして、オイスターブレス(122万4300円 税込)とジュビリーブレス(124万7400円 税込)が展開されます。

▼型番

Ref.1126720VTNR

▼定価
1,224,300円(オイスターブレス) / 1,247,400円(ジュビリーブレス)

▼文字盤
ブラック

▼素材
ステンレススティール

▼ケース径
直径40mm

▼ムーブメント
自動巻き Cal.3285 パワーリザーブ約70時間

ロレックス 2022年新作 エアキング Ref.126900

ロレックス 2022年新作 エアキング Ref.126900

出典:https://www.rolex.com/ja/watches/new-watches/new-air-king.html

もう一つの目玉新作はエアキングです。
主要モデルのムーブメント刷新が進み、次はエアキングがモデルチェンジすると予想する時計ファンが多い中、その期待に答え待望の新作が発表されました。
航空機の計器をモチーフとした個性的なデザイン、使いやすい40mmケース、オイスターブレスレットの採用といった基本的なディティールは前作116900と殆ど変わりません。
しかしながら、116900にはなかった「リューズガード」が新たに装備され、より力強い印象を与えるようになっています。

2022 new04

出典:https://www.rolex.com/ja/watches/new-watches/new-air-king.html

リューズガードを備えることで、126900はエクスプローラーやオイスターパーペチュアルとは異なる個性を得ることになりました。
これまでエアキングはオイスターパーペチュアルの派生モデルとして扱われてきましたが、126900によって、そのイメージが変わっていくかもしれません。
その他、細かな変更点としては、ミニッツスケールの「5」が「05」の2桁表示に切り替わったこと、ケースサイドのデザインが直線的となったことが挙げられます。

バックルにもブラッシュアップが加えられ、セーフティキャッチ付オイスターロッククラスプを備えることで5mmの微調整が可能となりました。

116900と比較すると洗練された印象を持つため、これまで以上に注目されるモデルとなるでしょう。


勿論ムーブメントも進化し、新たにcal.3230を搭載。
パワーリザーブが約70時間に延長され、より一層使いやすいモデルとなりました。

▼型番

Ref.126900

▼定価
816,200円(税込)

▼文字盤
ブラック

▼素材
ステンレススティール

▼ケース径
直径40mm

▼ムーブメント
自動巻き Cal.3230 パワーリザーブ約70時間

ロレックス 2022年新作 デイデイト40 Ref.228236

ロレックス 2022年新作 デイデイト40 Ref.228236

出典:https://www.rolex.com/ja/watches/new-watches/new-day-date-40.html

選ばれし者だけが身につけることを許されるアイスブルーダイアル。
プラチナ専用のダイアルであり、これまでに「デイトナ 116506」「デイデイト 118366」といった至高のエレガンスを持つモデルがラインナップされてきました。
そんなアイスブルーダイアルの新作として展開されるのが、この「デイデイト228236」。
950プラチナ製ケースにデイデイト40としては初採用となるフルーテッドベゼルを備えた一本です。

ロレックス 2022年新作 デイデイト40 Ref.228236

出典:https://www.rolex.com/ja/watches/new-watches/new-day-date-40.html

縞模様を意味するフルーテッドの名を冠した「フルーテッドベゼル」は山型に刻んだ意匠が美しいロレックスの定番ベゼルです。主にデイトジャストやスカイドゥエラーに採用され、光の乱反射によって高級感が演出されます。
デイデイトにおいてはゴールド系のみにあしらわれてきましたが、新作 228236にて初めてプラチナ素材に採用されることになりました。
アイスブルーダイアルとフルーテッドベゼルの組み合わせは非常に華やかであり、ラグジュアリーモデルの注目モデルとして、今後人気が高まっていくと思われます。

なお、ムーブメントにはデイデイト専用 cal.3255を搭載。スペック自体は従来のモデルと変わりません。ブレスレットもお馴染みのプレジデントブレスレットが採用されています。

▼型番

Ref.228236

▼定価
要問合せ

▼文字盤
アイスブルー

▼素材
プラチナ

▼ケース径
直径40mm

▼ムーブメント
自動巻き Cal.3255 パワーリザーブ約70時間

ロレックス 2022年新作 ヨットマスター42 Ref.226658

ロレックス 2022年新作 ヨットマスター42 Ref.226658

出典:https://www.rolex.com/ja/watches/new-watches/new-yacht-master-42.html

ヨットマスターから18Kイエローゴールドモデルが新たにコレクションに加わりました。
美しいブラックダイアルにサイクロップレンズ、セラクロムベゼルインサートを搭載した両方向回転ベゼル。
ヨットマスターらしさはそのままに、イエローゴールドらしい煌びやかな印象を与えます。

ブレスレットにはセーフティキャッチ付オイスターロッククラスプを採用。
「グライドロック エクステンションシステム」により、ブレスレットの長さを素早く容易に調整することができます。
バックルもイエローゴールドが採用されており、ブラックラバーと合わせて、これまで以上にラグジュアリーな意匠となりました。

2022 new08

出典:https://www.rolex.com/ja/watches/new-watches/new-yacht-master-42.html

スペック面は、従来のホワイトゴールドモデルと同一です。

パワーリザーブ約70時間を誇るCal.3235を搭載し、防水性はもちろん100m。

金無垢モデルの需要が高まっていることから、発売後直ぐにプレミア価格で推移することが予想されます。

イエローゴールドモデルの発売に伴い過去作の人気が高まる可能性があるため、ヨットマスターをお持ちの方は相場をこまめにチェックしてみてください。

▼型番

Ref.226658

▼定価
3,147,100円(税込)

▼文字盤
ブラック

▼素材
イエローゴールド

▼ケース径
直径42mm

▼ムーブメント
自動巻き Cal.3235 パワーリザーブ約70時間

ロレックス 2022年新作 シードゥエラー ディープシー Ref.136660

ロレックス 2022年新作 シードゥエラー ディープシー Ref.136660

出典:https://www.rolex.com/ja/watches/sea-dweller/m136660-0003.html

新作大人気モデル ディープシーからも2022年新作モデル「Ref.136660」が発表されています。
136660は旧モデル126660と殆ど見た目は変わりませんが、日付と日付表示の小窓が少し大きくなり、角が丸くなった印象を受けます。

また、ブレスレットにはグライドロック エクステンションシステムが搭載され、ブレスレットの長さを工具を使わずとも変更することが可能になりました。ただ、126660に搭載されていたリップロックエクステンションが無くなっているため、どちらを選ぶかは好み次第といったところです。

ムーブメントも旧モデルと同じCal.3235が搭載されているため、スペック面においては新旧で差はありません。

ロレックス 2022年新作 シードゥエラー ディープシー 136660

出典:https://www.rolex.com/ja/watches/sea-dweller/m136660-0003.html

ケース径も44mmから変更はなし。リファレンスが変わりましたが、内容はマイナーチェンジに近いといえます。実用性を考えれば126660でも十分なスペックであるため、大きな価格高騰は見込めないかもしれません。むしろ、逆に旧型126660の価格が上がる可能性があります。

実際既に126660の相場が上がり始めており、136660と買取価格が逆転する可能性が高いです。

136660の発表に伴い、126660が売り時を迎えています。

▼型番

Ref.136660

▼定価
1,538,900円(ブラック) / 1,574,100円(Dブルー) いずれも税込

▼文字盤
ブラック / Dブルー

▼素材
ステンレススティール

▼ケース径
直径44mm

▼ムーブメント
自動巻き Cal.3235 パワーリザーブ約70時間

新作発表による買取価格の高騰に期待

毎年ロレックスの相場は新作発表後に高騰します。実勢相場の高騰に合わせ、買取価格も上がるため、時計の買取を希望されている方は、5月・6月が売り時と言えます。

特に2022年はGMTマスター、ヨットマスター、エアキングの相場が大きく動きそうです。Ref.126720VTNRのデザインがグリーンサブに近いことから、サブマリーナの相場にも影響があるかもしれません。

上記のモデルをお持ちの方は、市場の動向をチェックしながら、一度査定に出してみてはいかがでしょうか?

『 PREMIER VALUE 一括査定』で査定する

提携業者60社以上&海外バイヤーの中で一番高い査定額を、当サービスコンシェルジュがお客様にご提示します。

簡単無料たった30秒
▼商品を一番高く売りたい方はこちら▼
WEBで査定する LINEで査定する
あわせて読みたい関連記事

オメガ 2022年新作モデルを発表!その全貌に迫る

オーデマピゲ 2022年新作モデルを発表!ロイヤルオークの新型が登場

IWC 2022年新作モデルを発表!買取相場への影響は?

ウブロ 2022年新作モデルを発表!買取相場への影響は?

グランドセイコー 2022年新作モデルを発表!買取相場への影響は?

ヴァシュロンコンスタンタン 2022年新作モデルを発表!買取相場への影響は?

パテックフィリップ 2022年新作モデルを発表!買取相場への影響は?

私がお客様の大切なお品物を責任を持って鑑定致します!

鑑定士 並木

PREMIER VALUE 鑑定士並木

大手リユース業者の店長職を歴任。店頭に立ち続け、査定・販売した商品は10万点以上。2021年、PREMIER VALUE SHOP店長就任。 YouTubeチャンネル「プロ鑑定士鼻メガネチャンネル」にて最新の高級ブランド情報やアイテム、時計の魅力を発信しています。

子供の頃からブランド品や、宝飾品・時計が大好きでした。
大人になってからも高級ブランドの歴史や、商品の作りこみの高いこだわりなどに大変な魅力を感じ2010年、ついには仕事として専業者になりました。
今、まさにブランド買取・販売店が乱立し、サービス・価格に関しても均一化に進んでいます。
そうした中で私どもができること。それは、売りたい方から必要とされている方への大切な橋渡し。
新たなオーナー様の喜んで頂いているお顔を思い浮かべ、お品物を大切に扱い、笑顔の連鎖ができるように関わる全ての方へ感謝の気持ちで接する。
単なるブランドショップではなく、リユース・ブランド品販売を通じて社会貢献もできるよう志を持ち、日々鑑定しております。

最高買取価格実現します

ブランド、商品毎に高額買取をしてくれる専門店は異なります。
プレミアバリューでは、専任のプロが各専門店と交渉を行い
最高買取価格を実現します。

最高買取価格実現します

ブランド、商品毎に高額買取をしてくれる専門店は異なります。プレミアバリューでは、専任のプロが各専門店と交渉を行い最高買取価格を実現します。

買取に関する
おすすめコンテンツ

プレミアバリューでは、買取に関する様々な「知りたい」にお答えする、
お役立ち情報を発信しております。

ロレックス デイトナ 116500LN 買取

【2024年最新】デイトナ 116500LNの買取価格と推移。売り時はいつ?

コスモグラフ デイトナの現行モデルとして圧倒的な人気を誇る116500LN。2016年に発売され、以降ロレックスの顔として世界中から支持を集めてきました。 デザイ…

詳細を見る
デイトナ 116519ln 買取

【2024年最新】デイトナ 116519LNの買取価格と推移。金無垢モデルも高く売れる?

ロレックスの王道モデルとして支持を集めるデイトナ。ステンレスモデルを中心に近年凄まじい高騰を見せています。製造終了モデルを含め価格高騰の波は金無垢モ…

詳細を見る
サブマリーナ グリーンサブ 126610LV 買取

【2024年最新】サブマリーナ グリーンサブ 126610LVの買取価格と推移。現在の相場は?

グリーンサブ待望の新作として2020年に発表された126610LV。特徴的なグリーンセラクロムベゼルとシックなブラックダイアルを持ち、ロレックス屈指の人気作とし…

詳細を見る
GMTマスターII 116710LN 買取

【2024年最新】GMTマスターII 116710LNの買取価格と推移。黒ベゼルの評価は?

ツートンカラーのイメージがあるGMTマスターですが、単色ベゼルも人気です。特に黒ベゼルとブラックダイアルの組み合わせが美しい「116710LN」の需要は高く、廃…

詳細を見る
126505 main

【2024年最新】デイトナ 126505の買取価格と推移。現行エバーローズゴールドの資産価値は?

デイトナの現行エバーローズゴールドモデルとして人気を博すRef.126505。サンダスト/ブラックダイアルが上品で華やかな印象を与えるラグジュアリーな一本です。…

詳細を見る
ロレックス 14060M

【2024年最新】サブマリーナ ノンデイト 14060Mの買取価格と推移。旧型の資産価値は?

14060Mは5桁世代のサブマリーナノンデイトです。14060の後継機として発売され、ノンデイトとしては初となるクロノメーター認定を受けたモデルとして知られます…

詳細を見る
デイトナ 116509 メテオライト 買取

【2024年最新】デイトナ 116509 メテオライトの買取相場と推移。現在の相場は?

金無垢デイトナの中でも特に需要の高いホワイトゴールド製 Ref.116509。スチール/ブラック、ブルー、ブラックシェル、ターコイズといった個性的なラインナップ…

詳細を見る
デイトナ 126518LN 買取

【2024年最新】デイトナ 126518LNの買取価格と推移。イエローゴールド×オイスターフレックスの価値は?

ステンレススティール中心に買取相場が高騰しているロレックスですが、近年ゴールド素材(金無垢素材)を採用したモデルの価値が上がっています。 2023年に発表…

詳細を見る
ロレックス デイトナ 116508 買取

【2024年最新】デイトナ 116508の買取価格と推移。金無垢グリーンの査定額は?

デイトナの歴代金無垢モデルにはブラックやホワイト、シェルダイアルなど、さまざまな個体が存在します。どのモデルも需要がありますが、その中でも近年人気が…

詳細を見る
GMTマスターII 116718LN 買取

【2024年最新】GMTマスターII 116718LNの買取価格と推移。金無垢モデルの需要は?

イエローゴールド無垢のGMTマスターとして世界中の著名人やセレブに愛されるRef.116718LN。ブラックダイアルとグリーンダイアルの2種類がラインナップされてお…

詳細を見る
他のブランド記事をみる
25921

モデル別買取実績

ロレックスの買取強化 商品