ロレックス一括査定 ミルガウス買取 ミルガウス買取実績
rolex/mill

ロレックス
ミルガウス
116400GV/中古品 2018年ギャラ

1,210,000

2022年05月現在

rolex/mill

ロレックス
ミルガウス
116400GV/中古品 2009年ギャラ

1,110,000

2022年05月現在

時計・腕時計の高価買取なら「PREMIER VALUE」へ

ミルガウス
MILGAUSS
本当に高い買取査定額
をご提示します。

ミルガウス
MILGAUSS

ミルガウスのコンセプトとしては、医師や科学者のような磁気を扱うような仕事をしている人向けに作られていました。 一般の人よりもさまざまな機器に触れて強い磁気を浴びてしまいがちなため、それでも狂いなく正確で使いやすい時計をと考えて開発されたのです。 元々精密時計が磁場に弱いため、どんな過酷な状況でも耐えられるものをと考え抜かれて作られたのがミルガウスです。

30秒簡単無料査定

無料査定を開始する

ミルガウス
MILGAUSS
買取価格が高騰中!
新しいモデルに買い替えるチャンス!

270万円

2020年

275万円

2021年

286万円

2022年

rolex/mill

ロレックス

ミルガウス

1019/中古品

150万円

2020年

200万円

2021年

240万円

2022年

rolex/mill

ロレックス

ミルガウス

65414/未使用品

ミルガウス
MILGAUSS
買取強化モデル

過去の買取実績

日時 氏名 性別 ブランド モデル 金額 商品状態 品番 素材 実績を見る
2022/05/06 B.K様 man ロレックス ミルガウス 1,100,000円 未使用品 116400GV ステンレススチール グリーン
2022/04/28 S.D様 man ロレックス ミルガウス 1,280,000円 未使用 116400GV ステンレススチール ブラック
2022/04/26 Z.E様 man ロレックス ミルガウス 1,460,000円 未使用品 116400GV ステンレススチール Zブルー
2022/04/20 I.G様 man ロレックス ミルガウス 1,350,000円 中古品 116400 ステンレススチール ホワイト
2022/04/13 V.O様 man ロレックス ミルガウス 1,350,000円 新品未使用品 116400GV ステンレススチール Zブルー
2022/04/12 R.Q様 man ロレックス ミルガウス 1,300,000円 中古品 116400 ステンレススチール ホワイト
2022/04/12 E.T様 man ロレックス ミルガウス 1,250,000円 中古品 116400GV ステンレススチール zブルー
2022/04/12 B.T様 man ロレックス ミルガウス 1,150,000円 中古品 116400GV ステンレススチール ブラック
2022/04/12 V.J様 man ロレックス ミルガウス 1,300,000円 中古品 116400 ステンレススチール ホワイト
2022/04/04 H.H様 man ロレックス ミルガウス 1,000,000円 中古品 116400GV ステンレススチール
2022/05/06  B.K様
ロレックス
ミルガウス
116400GV
未使用品  1,100,000円
man
2022/04/28  S.D様
ロレックス
ミルガウス
116400GV
未使用  1,280,000円
man
2022/04/26  Z.E様
ロレックス
ミルガウス
116400GV
未使用品  1,460,000円
man
2022/04/20  I.G様
ロレックス
ミルガウス
116400
中古品  1,350,000円
man
2022/04/13  V.O様
ロレックス
ミルガウス
116400GV
新品未使用品  1,350,000円
man
2022/04/12  R.Q様
ロレックス
ミルガウス
116400
中古品  1,300,000円
man
2022/04/12  E.T様
ロレックス
ミルガウス
116400GV
中古品  1,250,000円
man
2022/04/12  B.T様
ロレックス
ミルガウス
116400GV
中古品  1,150,000円
man
2022/04/12  V.J様
ロレックス
ミルガウス
116400
中古品  1,300,000円
man
2022/04/04  H.H様
ロレックス
ミルガウス
116400GV
中古品  1,000,000円
man

ミルガウス
MILGAUSS
高価買取の査定ポイント

rolex/mill
  • rolex/mill

    付属品(箱・保証書・ブレスレットのコマ等)がすべてそろっている

  • rolex/mill

    保証書に販売元スタンプ印当の記載があり、保証書日付が1年以内のもの

    保証書の日付が1年以上経過している商品やすでに廃盤になったモデルはシリアルや
    保証書日付等の内容に買取価格が異なる場合がございます。

  • rolex/mill

    ケースガラス(風防)の商品状態

  • rolex/mill

    ケース・ブレスレット・リューズ・バックル部などの外装に
    打痕や損傷等の目立つキズがない状態

  • rolex/mill

    ムーブメントの商品状態

ミルガウス
MILGAUSS
高価買取できる理由

少しでも高く売って手元にお金を残したいと思っているのであれば、一括査定を行うようにしましょう。 どの業者が一番高く買い取ってくれるかは、その時で大きく変わります。 前の月は高価買取をしていた業者が、今月も同じように買い取ってくれるかはわかりません。 Premier Valueにご依頼いただければ、その時点で一番高く買取してくれる業者を一括査定で出します。 査定も首都圏のみなどではなく、全国に対応しておりますのでご安心ください。 すぐにでも金額を出して早く売りたいという方も安心な、最短120分での買取となっております。 ご不明な点も専任のコンシェルジュが丁寧に対応させていただきますので、なんなりとお話しください。

ロレックス ミルガウスの歴史や特徴・買取のコツについて紹介

さまざまな製品がロレックスにはありますが、中でもミルガウスはほかの製品とは少し違うと捉えられています。
一時期生産されなくなりましたが、また近年復活して人気が出てきました。
こちらではミルガウスの歴史や特徴、売りたいと考えた時の買取のコツについても紹介していきます。
近年高騰傾向にあるモデルなので、相場動向に関しても注目してください。

  • ロレックスのミルガウスのコンセプトと歴史について

  • ミルガウスのコンセプトとしては、医師や科学者のような磁気を扱うような仕事をしている人向けに作られていました。
    一般の人よりもさまざまな機器に触れて強い磁気を浴びてしまいがちなため、それでも狂いなく正確で使いやすい時計をと考えて開発されたのです。
    元々精密時計が磁場に弱いため、どんな過酷な状況でも耐えられるものをと考え抜かれて作られたのがミルガウスです。

    ロレックスのミルガウスの歴史

    1956年にロレックスが医師や科学者のような方が過酷な現場でも安心して使える時計を開発しようと、ミルガウスは作られました。
    実用性が高く使いやすいものをと、欧州原子核研究機構(CERN)と共同で開発したのです。
    さまざまな磁気に耐えられるものが完成し、市場で販売します。
    しかし、世間ではそこまで時計が磁気に弱いという事実が認識されていなかった面などもあり、人気が出ませんでした。
    数あるロレックスの中でも特殊で、ほかとは違う認識をされてしまい、セカンドモデルを発表した後1987年頃からは生産されていません。
    世の中でも携帯電話など磁気を使うものを利用する人が増えたことで、2005年には磁場に強いパラクロム製ヒゲゼンマイの開発をして成功させます。
    その後、ついに2007年にミルガウスが復活します。
    耐磁性があるだけでなく、温度変化や耐衝撃性にも強い時計が完成しました。

    生まれ変わったミルガウスは第一世代、第二世代の特徴を受け継ぎながらも、現代的にアレンジが施された個性的な意匠設計を持つモデルです。
    ケースには「高性能磁気遮断システム」を採用。ムーブメントにはミルガウスの為に作り上げられたCal.3131を搭載し、これまで以上に実用的なモデルに進化しました。
    また、デザイン性に大きな変更が加えられられたのも復活したミルガウスの特徴です。
    秒針にはオレンジのイナズマ針。ホワイト文字盤やブラック文字盤だけでなく、サファイアクリスタル風防にコーポレートカラーであるグリーンを加えたモデルも登場しました。
    2014年には唯一無二の存在感を放つZブルー文字盤も開発され、定番外しのロレックスとして需要を高めています。

  • ロレックスのミルガウスの特徴

  • ミルガウスはエクスプローラーやサブマリーナといった定番人気モデルにはない特徴を持っており、技術系の職業に就いている方だけでなく、個性的な時計を求めている方から支持を集めているモデルです。
    レックスのミルガウスにはどのような特徴があるのか、いくつか紹介していきます。

    安心して利用できる耐磁性

    世の中にはさまざまな時計が発売されていますが、ロレックスのミルガウスの場合は耐磁性が大変強くなっています。
    普通は約50から100ガウスと言われていて、普通の生活であれば十分時計は正常に使えます。
    しかし、ロレックスのミルガウスの場合は、1,000ガウスという驚異的な数値になっているのです。
    ミルガウスの「ミル」というのは1,000という意味であり、一般的な時計の10倍以上の安心感が得られます。
    ガウスの数値がほかの時計に比べてもかなり高いことから、ロレックスの中でもほかとは違う特殊な時計だと言われているのです。
    参考までに日用電化製品が放つ磁力を記載します。

    30ガウス ・・・・・ テレビ用スピーカー
    100ガウス ・・・・・ 大型スピーカー
    700ガウス・・・・・磁気付ネックレス

    磁気に弱い機械式時計は磁力を浴びるとヒゲぜんまいが帯磁してしまい、精度が狂ったり、歯車の噛み合わせに問題が生じたりします。
    しかし、ミルガウスであれば例えスピーカーや磁気付きネックスレスを近づけたとしても動きを止めることはありません。
    磁気を放つ製品で溢れる現代社会において、この特徴は非常に大きなメリットとなります。
    ただ、いくらミルガウスといえど磁気を放つ製品とゼロ距離で密着させてしまうと磁気帯びしてしまうので注意が必要です。
    具体例としてはスマホのスピーカー部分。スマホのスピーカーは密着させた場合5cm離した状態であっても約1600ガウスの磁力を放ちます。
    ミルガウスを手にしたからといって磁気帯びを完全に防ぐことはできないので、その点は注意が必要です。

    文字盤がおしゃれ

    機能的で磁気を扱う仕事をしている方でも安心して使える時計ということだけでなく、文字盤がおしゃれになっています。
    腕時計を身に着けるなら、機能だけでなく見た目やデザインを重視して選ぶ方も多いでしょう。
    ロレックスのミルガウスは、文字盤がほかの時計と少しデザインが変わりおしゃれにできています。
    秒針にはイナズマ針を使い、差し色はおしゃれで明るいオレンジ色になっています。
    中にはグリーンサファイアクリスタルが使用されている型番もあり、ほかのロレックスの時計とは雰囲気が違うため独自のおしゃれさが出ているのです。

    針のデザインだけでなく、インデックスに個性があるのもミルガウスのアクセントとなっています。
    現行モデル 116400GVでは3時、6時、9時位置に印象的なオレンジインデックスが配されています。
    バーインデックスの外周にはオレンジで5分刻みの目盛りが刻まれており、こちらも個性的です。
    116400はスクウェア型の目盛りが備えられ、モデルによって異なる個性を持つこともミルガウスの魅力だと言えます。

    ケースサイズが程良い

    ミルガウスの現行モデルはいずれもケース系40mm径。
    このサイズ感は現代のトレンドであり、多くの人気モデルに採用されているサイズです。
    41mm〜では大きすぎる。かといって36mm前後では小さいと感じる方にとって絶妙なサイズ感であり、40mmだからミルガウスを選んだという方も少なからずいます。
    ちなみによく比較されるエクスプローラーとオイスターパーペチュアルの現行モデルは以下のサイズが採用されています。

    エクスプローラーI 124270 【36mm】
    オイスターパーペチュアル【36mm、41mm】

    意外にも40mmは珍しいです。
    スポーツモデルに関してはデイトナやGMTマスターに40mmが採用されていますが、ミルガウスとは大きくデザインが違います。
    シンプルかつ40mmであるミルガウスはそれだけで価値のあるモデルだと言えるでしょう。

    自分だけのオリジナルのロレックスがほしい人から人気

    ロレックスのデザインの中には、無難でほかのシリーズともそんなに変わりないものもあります。
    あまり目立つのは嫌だと考えている方は、スタンダードに近い時計を選ぶ方もいるでしょう。
    しかし、ミルガウスの場合はほかのロレックスシリーズの時計とは違うため、ほかの人とは被らない個性を出すことができるのです。
    周りの人と一緒では面白くないと思っている方や個性を出しておしゃれをしたいと感じている方から人気が高い時計です。
    オリジナルな雰囲気が高いからといって、決して悪目立ちするようなデザインでもありません。
    そのため、場所を選ばずに、ビジネスシーンからプライベートな時間まで身に着けられます
    おしゃれで個性を兼ね備えながらも、長く使えるシンプルさもあります。

    ほかのロレックスにはない専用設計になっている

    目的が磁気に強い時計ということもあり、設計も特殊になっています。
    1,000ガウスの磁気に耐えなければいけないため、ケースのシールドも専用の強磁性合金で作られています。
    ムーブメントも従来のロレックス人気シリーズなどで使用しているものではなく、わざわざ別で開発されたCal.3131を搭載を採用しているのです。
    Cal.3131は非耐磁性素材であるブルーパラクロムヒゲゼンマイを使用した画期的なムーブメントです。アンクル及びガンギ車にニッケル・リン合金を用いることで、常磁性を得ることにも成功しています。
    オイスターケースの中には磁気シールドが備えられ、たとえ強力な磁力を浴びたとしても、外部へと受け流す設計が施されています。
    時計にも負担がかからないような工夫がされていて、磁場がある時は磁化しますが、なくなったら元の時計の状態になります。
    時計にとって負担になるような過酷な場でも、技術のおかげで精度が保てるようになっています。

    初代のロレックスのミルガウスが人気

    当時は磁気に対して強い時計の良さがあまりよく知られていませんでしたが、今となっては生産終了になるのも早く、数が少ないということもあり人気があります。
    特にコレクションとして揃えたい方やほかの人は持っていないようなロレックスがほしいと考えている方から支持されています。
    そのため、中古品でも高値で取引されていて、流通量が少ない初代モデルはなかなか手に入りません。
    手に入ったとしてもオークションなどで1,000万円以上出さないと買えない程になっていて、かなりの人気があります。

  • ミルガウスの価格相場と相場推移

  • ミルガウスは長い製造終了期間と個性の強さからロレックスの中でもリーズナブルな価格で購入できるモデルと言われてきました。
    製造再開された2007年以降もデイトナやサブマリーナなどと比較すると相場の高騰は見受けられず、中古市場においても人気のあるモデルとは言えませんでした。
    しかし、2014年にグリーンサファイアガラスにZブルー文字盤を配した116400GVが発売されると、評価が一変。人と被らないロレックスとして注目モデルの仲間入りを果たします。
    116400GVの相場は2015年以降右肩上がりに相場を伸ばし続け、2020年時点で遂に90万円前後に到達しました。
    そして2021年には遂に100万円の大台を突破。Zブルーだけでなくブラックの人気も高まっており、廃盤となった116400も合わせて相場を上げています。

    ミルガウスの相場が急高騰している理由

    高級時計の需要拡大に伴いスポーツモデルを中心に高騰傾向にあるロレックス。
    どのモデルもここ数年で大きく資産価値を上げていますが、ミルガウスは特にその傾向が顕著です。
    その理由としては、新作モデルも発表が噂されているからです。
    近年のロレックスはムーブメントの刷新を行なっており、毎年主要モデルの新作が発表されています。
    デイトナ、ディープシー、GMTマスター、サブマリーナ、エクスプローラー。
    スポーツモデルは殆ど新型ムーブメントに切り替わっています。
    しかし、ミルガウスに関してはまだ刷新が行われておらず、「次に来るのはミルガウスなのでは?」と時計業界内で噂されています。

    新作がどのようなモデルになるかは分かりませんが、仮に新作が発表された場合、Zブルーは廃盤になる可能性があります。
    ただでさえ貴重なモデルとして注目されるZブルーが廃盤になったとしたら、間違いなく相場は高騰するでしょう。
    需要の拡大に伴い買取価格も高騰しており、今まさに売り時を迎えています。

  • ロレックスのミルガウスの型番4つをご紹介

  • ロレックスのミルガウスは早いうちに廃盤になったこともあり、ほかのシリーズに比べて型番も少なくなっています。
    こちらではロレックスのミルガウスの時計を4つ紹介していきます。

    ロレックス ミルガウス-6541

    定価:廃版のため不明

    買取相場価格:2,270,000円

    商品状態:中古品 2015年ギャラ

    サイズ:40 mm

    素材:オイスタースチール

    2022年1月現在

    初代のミルガウスで、今では流通量も少ないためコレクターやファンから高くてもほしいと思われている時計です
    素材はステンレススティールでできていて、防水性も50mあります。
    ケースは磁気をしっかりとガードするために、ボリュームのあるサイズになっています。
    製造当時はムーブメントを3回変え、ほかのロレックスではない専用の仕様のものを搭載していました。
    今すぐにほしいと思っても、オークションにも出品されることが少ないレアな時計となっています。

    ロレックス ミルガウス-1019

    定価:廃版のため不明

    買取相場価格:2,270,000円

    商品状態:中古品 2015年ギャラ

    サイズ:40 mm

    素材:オイスタースチール

    2022年1月現在

    初代のミルガウスが進化した第二世代のタイプです。
    どちらかというとシンプルなデザインになっていて、イナズマ秒針なども付いていません。
    製造の初期の頃だけに付いた文字盤があるのですが、こちらはほとんどないため、今では手に入れたい人も多く人気です。
    1970年代より後にはさらに使いやすいようにと、ハック機能も搭載されました。
    初代ほどではありませんが、こちらも相場が上がっており、買取需要も高まっています。

    ロレックス ミルガウス-116400

    定価:廃版のため不明

    買取相場価格:950,000円

    商品状態:中古品 2013年ギャラ

    サイズ:40 mm

    素材:オイスタースチール

    2022年1月現在

    第二世代タイプが出た後はそこまで人気が出なかったこともあり、ロレックスのミルガウスは生産されませんでしたが、2007年に復活します。
    その時に発売された時計で、シンプルな中にも初代のミルガウスにあったイナズマ針も復活して話題になりました。
    ほかのロレックスにはないデザインではありますが、高級感があり個性的な時計を求めている方からも人気があります。
    2015年~2016年にかけて製造終了となりましたが、今なお幅広い世代から支持を集めています。

    ロレックス ミルガウス-116400GV

    定価:1,014,200円

    買取相場価格:1,110,000円

    商品状態:中古品 2009年ギャラ

    サイズ:40 mm

    素材:オイスタースチール

    2022年1月現在

    こちらはミルガウスの中でも特に変わり種と呼ばれている時計で、ほかの人とは被らない個性を出せる時計になっています。
    サファイアクリスタルの風防をおしゃれなグリーンにしていて、素敵なデザインです。
    色使いが素敵なため、こちらも個性を発揮したい方から特に人気です。
    なお、116400GVにはブラック文字盤とZブルー文字盤の2モデルが存在します。
    特に注目したいのはZブルー文字盤で、実勢価格、買取価格ともにブラックよりも10万円ほど高値で取引されています。
    Zブルーは文字盤にジルコニウムが含まれており、色鮮やかな青色を発色させる特徴です。
    ロレックスにはデイトジャストやオイスターパーペチュアルを中心にブルー文字盤を持つモデルが幾つか展開されていますが、Zブルー文字盤の美しさは他のモデルとは一味違います。

  • ミルガウスを高く売るには

  • ロレックス ミルガウス は、ロレックスブランドということもあり、中古品であっても高額で取引されやすい時計です。
    ロレックス ミルガウス は確かな性能と手頃な価格設定からエントリーモデルとしての役割も担ってきました。 そのため、現役のユーザーの方も多いでしょう。 実は近年のロレックス の相場上昇の中 ミルガウス の買取相場も高騰しています。
    あなたがお持ちのロレックス ミルガウス の売り時は今かもしれません
    稀少価値の高いモデルであれば、数百万円以上の価格で取引されることもあります。
    ロレックス ミルガウスをより高値で売りたいとお考えの方向けに、高額査定を出すポイントについてお伝えいたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

    査定に出す前に見た目をきれいにしておく

    高額査定を出すコツは、ミルガウスの見た目をきれいにしておくことです。
    見た目がきれいな状態だと、査定時の印象がアップして、買取価格にも反映されやすくなるのです。
    ただし、掃除する際には、ケースやブレス部分などを傷付けないように、慎重に行うようにしてください。
    アルコールや洗剤などを使うと、時計を傷めてしまうことやシミが残ってしまうことがあるので注意が必要です。
    柔らかいクロスを使って軽く乾拭きするかブロワーでホコリを飛ばす程度でも十分です。
    ロレックスの公式サイトにも、お手入れの方法が記載されていますので、参考にしてみると良いでしょう。

    箱や保証書などの付属品も忘れずに!

    ミルガウスを購入した時に、説明書や箱、保証書などさまざまなものが一緒に付いてきたのではないでしょうか。
    そういったものも一緒に持っていく持っていかないかで、大きく買取価格が変わってきます。
    中古品の買取を考えた時には、必ず用意しておきたいのが付属品一式です。
    何もなく時計をそのまま持っていっても買取はされますが、従来の最高額よりも安くなってしまいます。
    どこにしまったのか忘れてしまった場合は、心を落ち着けてどこに置いているのか考えて探し出しましょう。

    複数店舗での査定を受ける

    ロレックス ミルガウスを売ろうと決意したら、そのままタンスなどにしまわずに買取業者にお願いしましょう。
    普段身に着けている時にはそうでもないのですが、保管して放っておいていると、サビやオイルの劣化、電池部分の液漏れが発生してしまいます。
    売るのであれば、早めにロレックス ミルガウスを売るようにしましょう。
    サビや腐食があれば、せっかくその前までは状態が良かったものでも、買取の段階では安くしか査定してもらえなくなります。

    相場の流れを把握すること

    まず一番大切なことが、買取相場の流れを読むということです。
    ロレックスはご存知の通り資産としても高い価値を持つため、他の資産同様景気の影響を受けて価格が変動します。
    2020~2021年のロレックスの相場はまたしても高騰し続けました。 2020年5月ごろには一度下落したもののV字の回復を見せ、その勢いのまま現在まで高騰の流れが続いています。
    何故ロレックスの相場はこのような高騰が続いているのか。
    様々な要因が挙げられますが、我々全員に関わる事柄として世界規模の新型コロナウイルスの流行が挙げられます。
    世界中の人と物の移動に制限が掛かる中、ロレックスもまた苦戦を強いられており、その影響が相場の異様な高騰の遠因になっているのです。 そのため、ロレックスの高騰についてはコロナウイルスの終息が大きなカギになるでしょう。
    また、海外製品であるため為替相場の影響も大きく受けます。
    一方で、ミルガウスを代表とするスポーツウォッチモデルは、安定した人気を誇っているため、それら経済的な影響により一時的に価格が下落したとしても、ある程度の期間を置いて復活する傾向にあります。
    なので、ミルガウスを手放すことを考えている際に、価格が下落傾向にあった場合は、一度様子を見てみるのも手かもしれません。

    査定で確認されるポイントを抑える

    査定をする際はいくらで売却できるのか金額を定めるために時計の状態確認が行われます。
    査定において確認されるポイントは大きく分けて以下の3つあります。
    ・未使用品か中古品か
    ・傷や故障があるかなど使用感について
    ・コマなどの付属品や、保証書は揃っているかどうか
    ロレックスの場合は一般的なブランド時計と異なり、傷や故障があったとしても買取金額がつくことが多く、修理に出したら逆に修理代が高くついてしまうこともあります。
    意外と多いのが付属品や保証書を持っていたけれど、出し忘れてしまうケースです。保証書があれば査定額が50,000円から100,000円ほど、箱や付属品があれば10,000円から100,000円ほどアップすると言われています。
    保証書等の付属品がなくなったと思っていても後々家で見つかったという例もあるので、査定に出す前に一度、揃っているか確認されることをお勧めします。
    さらに、古いロレックスの方が高く買い取ってもらえると考えがちですが、アンティークロレックスやその他レアモデルではない場合は、新しい$の方が品物として状態が良いとされ、高く買い取ってもらえる傾向にあるので、手放すことを考えている方はなるべく早く査定に出すことをお勧めいたします。

  • ミルガウスの高価買取は複数店舗の査定がおすすめ

  • ロレックス ミルガウスの現在の買取相場や買取価格について、お分かりいただけたと思います。
    また、ロレックスの査定を行う際には複数店舗を比較することが大切であるということも知っていただけたと思います。
    一方で、このご時世に1店舗1店舗出向いて査定してもらうのも難しいかもしれません。
    最近では複数店舗の査定を一括で請け負ってくれる、一括査定サイトというサービスがあります。
    一括査定サイトを利用すれば、家にいながらでも気軽に複数店舗から査定してもらうことが可能なだけではなく、複数店舗を比較した上で最高額での売却も可能です。 お手持ちの ミルガウス の売却を検討中の方は、ぜひ一度お問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

  • ミルガウスを売るならPREMIER VALUE一括査定がおススメ

  • 業者ごとの査定額を簡単に比較できるのが一括査定ですが、一括査定はサービスによって各業者が依頼主に査定額を直接電話で伝えているところも多く、全てに対応するのは非常に手間が掛かります。
    PREMIER VALUE一括査定なら営業電話が無く、スピーディーに買取業者を比べることができます。
    ロレックスは高い技術とこだわりによってつくられた最高級腕時計で支持を得ている時計メーカーです。
    メンズ時計はビジネスマンのステータスとしてはもちろん、コレクター人気が高く中古市場でも需要が高まっているため、買取価格が高額になる傾向にあります。
    買取を考えているのであれば、PREMIER VALUE一括査定を利用してみてはいかがでしょうか。
    高級時計・高級ブランドバック専門のPREMIER VALUE一括査定では、特にロレックスには強く、最大で20社までの査定が可能ですので、ぜひご活用くださいませ。
    利用料、査定料などは一切不要です。
    すべて無料でお使いいただけます。
    専任コンシェルジュが親切丁寧に対応させていただきますので、使い方がわからない場合でもお気軽にご利用くださいませ。
    現在は買取価格が高騰している傾向がありますので、売却した金額で他のロレックスの時計を購入されるのもよいかと思います。
    ミルガウスの購入方法は以下に記載させていただきます。

  • ミルガウスを購入する方法は?

  • モデルやブランドごとに適切な購入方法がありますが、ここではその方法の主な4つ紹介します。

    正規店で購入する

    まず王道である、正規店で購入をするという方法になります。 ミルガウスは中古相場が高騰しがちなモデルも多いですが、現在正規店での購入は難しい状態が続いています。
    そのため、正規店での購入は難しいと思っても良いでしょう。

    並行店で購入する

    並行輸入とは正規代理店とは異なる店舗で取り扱いのある商品であり、並行輸入品は定価に縛られずに割引価格で購入できるのがメリットです。
    しかしミルガウスに関しては定価以上でも購入したいというニーズがかなり高いため、その恩恵は期待できない可能性が高いでしょう。

    中古取扱店で購入する

    ミルガウスの腕時計を購入する場合、中古店で購入する方が多いのではないでしょうか。中古店ではすでに使用している中古品はもちろんですが、使用をしていない未使用品等も扱っております。しかし、時計にも相場があり、現時点では定価よりも割高になっております。また、時計の相場が激しく変化しているのでまずは複数店に足を運んで価格を確認してみるというのが良いでしょう。

    PREMIER VALUE SHOPで購入する

    弊社PREMIER VALUEで運用している高級時計専門ECサイトとなり、他よりも安く、質が良い商品を提供することモットーに運用をさせていただいております。 掲載している品物に関しては、この業界が長いベテランのスタッフ・バイヤーが品質・価格ともに厳選させていただいております。 LINEで価格交渉も可能です。なにかご不明点がありましたら、ご質問をLINEからいただければ、弊社コンシェルジュが 対応させていただきますので、ご連絡いただければ幸いです。 是非、ご検討してみください!