2021.8.9

メンズの高級腕時計といえばロレックス!人気の売れ筋モデルを紹介します

前説留まることを知らないロレックスの人気。年産70万本と噂される生産量は、他の高級腕時計メーカーと比較して圧倒的ですが、それでも世界中で品薄と市場価格の高騰が続いており、その需要を満たせていません。中でもロレックスの主流派であるメンズ向けの商品は様々なラインアップがあるにもかかわらず、ほとんどのモデルが高騰し、人気の高いものとなれば手に入れるのも一苦労です。本記事ではそんなロレックスのメンズ向けの腕時計の中から、特に人気の高いものをピックアップし、入手方法と共に紹介します。<br />

この記事を読んでわかること

ロレックスのメンズ向け人気腕時計

人気のロレックスの入手方法

何故ロレックスのメンズモデルが人気なのか

1.ロレックスの人気メンズ向け腕時計

ロレックスのラインナップの中でも人気を博しているのがサブマリーナなどに代表されるスポーツモデル。

中でも素材にステンレススチールを使用したモデルはシックなデザインとタフな性能からビジネスシーンから趣味の場まで幅広く使用できるモデルとしてメンズからの支持が厚く、時にはより高級なゴールド素材のものよりも高値で取引されることも。

現在、最も注目されているスポーツモデルを中心に紹介し、その相場を見ていきましょう。

1-1.コスモグラフ デイトナ Ref.116500LN

  • プロのレーシングドライバーのニーズに応えるために制作されたコスモグラフ デイトナ Ref.116500LN。メタリックメテオライトで制作されたダイアルに、文字盤の3時、6時、9時のにはブラックのクロノグラフカウンターが搭載されております。

定価
1,457,500円 (2021年8月に料金改定がありました)

買取市場相場
4,000,000円(2021年7月 未使用品)

▼モデルケース
オイスター、40 mm、

▼オイスタースチール
オイスター アーキテクチャーモノブロックミドルケース、スクリュー式バックケース、リューズ

▼直径
40 mm

▼素材
オイスタースチール

▼ベゼル
ブラックのセラミック製モノブロック セラクロムベゼル、タキメーター

▼リューズ
スクリュー式、トリプロック(三重密閉構造)

▼クリスタル
傷防止サファイア

▼防水性
100 m/330 フィート防水

出典:ロレックス公式ホームページ

ロレックスの中でもダントツの人気を誇るのがオイスターパーペチュアルデイトナ(以下デイトナ)です。

ロレックスの中で唯一ストップウォッチ機能を搭載したクロノグラフで、ロレックスの技術の粋を集めた『King of ROLEX』と名高いモデル。

世界中から支持されるデイトナは、正規店の店舗に並ぶのは稀で、1年間定期的に通い続けてようやく手に入れられたという話もあるほどです。

その入手難度の高さから、現行で生産されている最新モデルよりも生産終了した過去のモデルの方が高騰する傾向にあり、116500LNも2021年4月の新作発表で生産終了が明らかになったモデル。

元々デイトナの新モデル発表は予測されていたこともあり、直近で大きく相場と人気を伸ばしています。

これほど相場が上がれば、ある程度値段が落ち着いてから購入する買い控えも起きるものですが、各種オンラインショップの売り上げランキングでも上位にランクインするなど、その人気は留まるところを知りません。

新作の出荷が進んでも、この傾向は長く続いていくのではないかと予想されます。

並行店での相場は定価を大きく超えているのが常ですが、ショップも優先的に集めているモデルであるため、並行店であれば見つけること自体は難しくないでしょう。

文字盤のカラーにはブラックとホワイトが用意されていますが、販売相場から判断するとホワイトの方がやや人気なようで高い傾向にあります。

シンプルでありながら高い機能性と優美さを備えたデザインはビジネスユースでも人気があり、ワンランク上のメンズのアイテムとして世界中で愛されています。

1-2.エクスプローラーII Ref.216570

  • 探検家、登山家、科学者がエクスプローラーⅡが着用し、様々な環境下でその強度と防水性をテストされました。そのテストをクリアしたことで強度、防水性の高さが評価され、多くのユーザーが愛用しているモデルとなっております。

▼定価
875,600円

▼買取相場
1,050,000円~1,150,000円

▼モデルケース
オイスター、42 mm、オイスタースチール

▼オイスター アーキテクチャー
モノブロックミドルケース、スクリュー式バックケース、リューズ

▼直径
42 mm

▼素材
オイスタースチール

▼ベゼル
固定式、24時間目盛り入りリューズスクリュー式、トゥインロック(二重密閉構造)クリスタル傷防止サファイア、日付表示部にサイクロップレンズ

▼防水性
100 m/330 フィート防水

出典:ロレックス公式ホームページ

極地で行動する冒険者向けという心躍るコンセプトで設計されたエクスプローラーは、まさにメンズ向けのロレックスの筆頭といえるモデルです。

本モデルはそのエクスプローラーの上位機種となるエクスプローラーII。

2011年に登場した216570は第四世代となります。

前世代から2mmサイズアップされた42mmの大型ケースは存在感があり、メンズ向けの仕様。

内部機構のアップデートによって耐磁性・耐震性もさらに高まり、よりタフな性能になりました。

デザイン面で大きく目につくのはオレンジ色の24時間針でしょう。

これは初代エクスプローラーIIで採用されていた意匠をリバイバルしたもので、根元を文字盤と同じブラックに塗装することで、針の先端が浮かんでいるように見える視覚効果を狙っています。

文字盤にはブラックとホワイトの二種が存在しますが、この仕様はブラックのみ。

相場に違いはありませんが、見た目の印象が大きく変わるため購入の際は注意すべきでしょう。

2021年の新作発表で後継機となる226570が発表されたことで、本モデルは生産終了。

ロレックスの生産終了モデルは相場が高騰する傾向にあるので、本モデルの需要は今後大きく伸びていくでしょう。

特に、ベゼルにセラミック素材を使用するモデルが増えていく中、エクスプローラーは力強い印象を与えるステンレススチールをあえて使用し続けていることから、愛好家の支持を集めています。

ネットショッピングなどでも現在在庫が確認出来ますが、今後品薄になっていくことが予想されます。

手に入れるなら、今が買い時のモデルと言えるでしょう。

1-3.サブマリーナー デイト41 Ref.126610LN

  • ロレックスを代表するダイバーズウォッチとして名高いサブマリーナー デイト。防水性は「300m/1,000フィート防水」と優れており、現在に至るまで様々なユーザーに愛用されてきたモデルです。

定価
1,013,100円 (2021年8月に料金改定がありました)

買取相場
1,300,000円 ~1,400,000円

▼モデルケース
オイスター、41 mm、オイスタースチール

▼オイスター アーキテクチャー
モノブロックミドルケース、スクリュー式バックケース、リューズ

▼直径
41 mm

▼素材
オイスタースチール

▼ベゼル
60 分目盛り入り逆回転防止、セラクロム、刻印された数字と目盛りはプラチナコーティング

▼リューズ
スクリュー式、トリプロック(三重密閉構造)

▼クリスタル
傷防止サファイア、日付表示部にサイクロップレンズ

▼防水性
300m/1,000フィート防水

世界で初めて潜水用のダイバーズウォッチというコンセプトを実現したサブマリーナはロレックスの象徴の一つ。

メンズ人気も高く、販売サイトの売上ランキングなどでも良く見かけるモデルです。

最低限の機能をシンプルにまとめたデザイン性は完成度が高く、リファレンスごとの違いはあまり感じられません。

しかし、2020年に行われたアップデートでケースサイズが改められており、126610LNは前モデルから1mmのサイズアップが図られ、本モデルは41mmになりました。

それに伴ってブレスやラグなどに微調整が加えられ、シャープな印象が強くなっています。

2020年に発表されたばかりという事もあり、2021年の新作発表では相場に大きな影響を受けることはありませんでした。

しかしながら、買取、販売価格共に右肩上がりの高騰を続けており、根強い人気の高さを示しています。

今後もその傾向は続くと予想され、相場の安定した人気モデルと言えるでしょう。

出典:ロレックス公式ホームページ

1-4.サブマリーナー デイト41 Ref.116610LV

  • グリーンサブと呼ばれる文字盤、ベゼルともに緑色で統一されているこのモデルは、ロレックスを代表するダイバーズウォッチとして名高いサブマリーナー デイトの一モデル。防水性は「300m/1,000フィート防水」と優れており、現在に至るまで様々なユーザーに愛用されてきたモデルです。

▼定価
987,800円

買取相場
1,700,000円~1,850,000円

▼モデルケース
オイスター、41 mm、オイスタースチール

▼オイスター アーキテクチャー
モノブロックミドルケース、スクリュー式バックケース、リューズ

▼直径
41 mm

▼素材
オイスタースチール

▼ベゼル
60 分目盛り入り逆回転防止、セラクロム、刻印された数字と目盛りはプラチナコーティング

▼リューズ
スクリュー式、トリプロック(三重密閉構造)

▼クリスタル
傷防止サファイア、日付表示部にサイクロップレンズ

▼防水性
300m/1,000フィート防水

ベゼルにロレックスのコーポレートカラーであるグリーンを配色した通称”緑サブ”と呼ばれるモデル。

2003年に発表された16610LVのデザインを元にしたそのカラーは人気が高く、同世代のモデルの中でも高値で流通しています。

2010年に発表された本モデルもその例に漏れず、ブラックカラーの通常モデルよりも100万円近い高値で取引されています。

現在展開されている126610LVの前世代モデルとなりますが、べゼルだけではなく文字盤にもグリーンの装飾を施したデザインが特徴。

このデザインは本モデルのみとなっており、他のモデルとは違った魅力のあるモデルです。

文字盤の黒い伝統的なデザインも存在しますが、やはりその独特のカラーに惹かれるユーザーも多く、グリーンのカラーは様々なショップで品薄の状態が続いています。

既に生産は終了しているため状況の改善は難しく、手に入れたいのであれば早目の購入をおすすめします。

出典:ロレックス公式ホームページ

1-5.オイスター パーペチュアル 36 Ref.126000

  • ロレックスの中でも比較的普段使いしやいモデルとなっており、キャリバーにはロレックス社完全自社製造によって作成された「3230」が搭載されております。

定価
618,200円 (2021年8月に料金改定がありました)

買取相場
875,000~920,000円

▼モデルケース
オイスター、36 mm、オイスタースチール

▼オイスター アーキテクチャー
モノブロックミドルケース、スクリュー式バックケース、リューズ

▼直径
36 mm素材オイスタースチール

▼ベゼル
ドームリューズスクリュー式、トゥインロック(二重密閉構造)

▼クリスタル
傷防止サファイア

▼防水性
100 m/330 フィート防水

オイスターパーペチュアルはシンプルに完成されたデザインが魅力のモデル。

ロレックスのスポーツモデルの中では比較的手頃な価格で展開されているため、エントリーモデルとしての人気も高いモデルです。

ロレックスは年間の生産量などの多くのデータを非公開としていますが、スイス公式クロノメーター検定機関のC.O.S.Cは年間80万件ほどの認定をロレックスに発行しており、うち半分がオイスターパーペチュアルのものではないかと推測されています。

そのため、ロレックスの中で際立って流通量の多いモデルです。

2020年に製造された現行モデルである126000は正規店で取り扱われているため、定価で購入出来る機会もあるでしょう。

しかしながら、本モデルの大きな特徴は多彩な文字盤のカラーバリエーション。

全8色のカラーが展開されており、カラフルなパステルカラーやシックなブラックなど様々です。

目当てのカラーの入手には、正規店よりも並行店からの購入がやはり便利でしょう。

特に人気なのは、ロレックスのコーポレートカラーでもあるグリーンの文字盤。

シックなカラーリングはビジネスシーンでも無理なく着用でき、メンズ人気の高い一本です。

需要の高さから購入難度も高く、同モデルの中でも頭一つ抜けて高値で取引されています。

出典:ロレックス公式ホームページ

1-6.GMTマスターII Ref.126710BLNR

  • 「バットマン」と呼ばれる黒と青のベゼルが特徴的な「Ref.126710BLNR」。こちらはGMTマスターII のモデルの一つであり、2つの異なる時間を同時に表示できるよう設計されております。

▼定価
1,049,400円 (2021年8月に料金改定がありました)

買取相場
1,780,000円~1,830,000円

▼モデルケース
オイスター、40 mm、オイスタースチール

▼オイスター アーキテクチャー
モノブロックミドルケース、スクリュー式バックケース、リューズ

▼直径
40 mm素材オイスタースチールベゼル両方向回転式、24 時間目盛り入り ブルー/ブラックのセラミック製セラクロムベゼルインサート、数字と目盛り入り

▼リューズ
スクリュー式、トリプロック(三重密閉構造)

▼クリスタル
傷防止サファイア、日付表示部にサイクロップレンズ

▼防水性
100 m/330 フィート防水

異なる地域の時刻を同時に表示出来るGMT機能を搭載したGMTマスターIIは、世界中を飛び回るビジネスパーソン向けのモデル。

着けるだけでワンランク上の男としての印象を与える本モデルは、メンズにとって憧れの時計です。

2色に分けられた象徴的なベゼルのデザインは人気が高く、青/黒のカラーリングは通称”バットマン”と呼ばれ、親しまれています。

2019年に発表された本モデルの大きな特徴は、従来のブレスのデザインを一新したこと。

従来は堅牢なオイスターブレスでしたが、本モデルではドレスウォッチ寄りのイメージの強いジュビリーブレスを採用。

2色のベゼルと相まって、スポーツモデルのタフな印象とドレスウォッチの華やかさを両立した「スポーツ・ラグジュアリー」としての立ち位置を強く意識したデザインと言えるでしょう。

出典:ロレックス公式ホームページ

ここでもう一度、今回ご紹介した商品の低下、当社調べの買取相場と販売相場、カラーを一覧でご案内いたします。

 
コスモグラフ
デイトナRef.116500LN
エクスプローラⅡ
Ref.216570
サブマリーナデイト41
Ref.126610LN
サブマリーナデイト41
Ref.126610LV
オイスターパーペチュアル
Ref.126000
GMTマスターⅡ
Ref.126710BNLR
定価
1,387,000円 216,570円 965,800円 987,800円 588,500円 1,020,800円
買取相場

2,750,000円~

3,300,000円

1,050,000円~

1,150,000円

1,300,000円~

1,400,000円

1,700,000円~

1,850,000円

875,000円~

920,000円

1,780,000円~

1,830,000円

販売相場

3,928,000円~

4,250,000円

1,170,000円~

1,898,000円

1,635,000円~

1,689,000円

2,599,900円

1,199,900円~

1,248,000円

2,134,000円~

2,298,000円

カラー
ホワイト ブラック ブラック グリーン グリーン ブルー・ブラック

2.ロレックスが高騰する理由

ここで紹介したモデルの多くがそうであるように、ロレックスのメンズ人気モデルは定価を超えたプレミア価格で流通しています。

この傾向は数年前から続いており、いつ終わるのか誰にも予想は出来ません。

一体何故このような高騰が続いているのでしょうか。

2-1.世界的な品薄状況

ロレックス本社から直接輸入している正規店では、中古相場よりも安い定価での購入が可能ですが、人気モデルは殆ど売り切れの品薄状態が続いています。そのため、需要に対して供給量が少なく、相場の高騰を招いているのです。

2-2.新型コロナウイルスの影響

このような状況の原因として、2019年から世界で猛威を奮っている新型コロナウイルスの流行が挙げられます。

2019年当時、ロレックスが本社を置くスイスの公開しているデータによると、国外への高級腕時計の輸出量は前年比で2.4%の増加を見せています。

近年の高級腕時計市場は大きな成長期を迎えており、ロレックスもまた業界を牽引するメーカーとしてその恩恵を受け、世界的なブームを起こしつつありました。

しかし、需要を伸ばしていたそのような状況下で、コロナウイルスの流行によって工場を一時閉鎖する事態に陥ってしまったのです。

そのため、年間80万本とも噂されるロレックスの生産量は大きく激減。

高い需要に対して供給が大きく後れ、販売相場の高騰を招きました。

3.なぜロレックスの腕時計は人気なのか

ロレックスの高騰の原因は世界的な品薄にありますが、その背景にあるのはロレックスの圧倒的な人気です。

海外の並行店や個人から仕入れたロレックスを販売する並行店の店員も、「ロレックスの相場が高騰しても商品の回転率自体は高く、仕入れに苦労している」と語っており、その人気の高さが伺えます。

ロレックスはなぜこれほどの人気を博しているのでしょうか。

3-1.抜群のリセールバリュー

ロレックスの大きな魅力の一つとして、圧倒的なリセールバリュー(換金率)が挙げられます。

販売相場に対して買取相場も高く、現在の高騰傾向から純粋な時計ファン以外からも投機対象として人気を集めています。

コスモグラフデイトナ 116500LNの販売価格推移を例に見てみましょう。

本モデルが販売されたのは2016年ですが、多少の変動はありつつも右肩上がりの上昇を見せています。

そして、販売相場の高騰と共に、買取相場も上昇しており、現在の116500LNの買取額は2,750,000円~3,300,000円と、平均約86%という高い換金率を誇っています。

他のメーカーの換金率が多くても40~60%ほどであることを考えれば驚異的な数値と言えるでしょう。

特に人気の高いスポーツモデルの買取価格は生産終了のタイミングなどで急上昇する傾向にあり、安いうちに購入してから手放すことで、利益を上げられることもあります。

3-2.高い信頼性と実用性

ロレックスの製品が高い換金率を維持している理由の一つが、製品の完成度にあります。

高級腕時計メーカーの中でも実用性を重視したロレックスの製品は堅牢であり、中古のアンティーク品であっても抜群の稼働率を誇ります。

製造から時間が経っても時計としての高い機能を維持し続けるため価値が下がりづらく、投機対象としての信頼性を高めているのです。

4.メンズに人気のロレックスの購入方法

ロレックスの製品を購入する際、一番に考えるのは正規店での購入でしょう。

定価で販売されている正規店での購入は、現在の相場では並行店で購入するよりお得に購入出来る場合が殆ど。

何より新品で入手でき、各種保証がつくなど良いことづくめのように思えます。

しかし、品薄が常態化しているロレックスの人気モデルを購入するには難しい点も存在しています。

4-1.正規店で人気モデルを購入できる?

まず、正規店での購入の難点として、慢性的な品薄状態が挙げられます。

もし、欲しいモデルを求めて正規店を訪れたとしても余程の幸運に恵まれない限り、在庫にないと予想されます。

ロレックスの入荷タイミングは不定期で、目当てのモデルを入荷する時期を予測することは出来ません。

そのため、定期的にロレックスの店舗を巡って通い詰める通称”ロレックスマラソン”を行う時計ファンが後を絶ちませんが、必ずしも手に入るとは限らず、中には年単位で通ってようやく手に入れられたという報告も挙がっています。

また”ロレックスマラソン”を行おうにも、住む場所によってはそれも難しい場合があります。

国内にロレックスの正規店は約70店舗展開していますが、多くは東京都内に集中しており、地方は大阪市や福岡市、札幌市などの地方都市に点在しています。

店舗の少ない地域では、巡れるショップが少なくなるため余計にロレックスを手に入れられる機会は減ってしまいます。

目当てのモデルを今すぐに購入したいと思うのであれば、やはり並行店での購入を検討する必要があるでしょう。

4-2.正規店以外での購入

正規店での購入よりも割高になる場合も多いですが、手短に購入できるという点で並行店での購入も一般的です。

特に並行店での購入に関して、以下のようなメリットが挙げられます。

・目当てのモデルを購入しやすい

・生産終了モデルを購入できる

・割安で手に入れられることもある

こうしたメリットのため、多くのロレックスユーザーは並行店を利用しており、中古市場の需要が高くなっています。

並行店であっても品薄の影響は大きく現れており、販売相場と比例して買取相場も高騰しているのです。

ロレックスの購入は大きな買い物になりますが、手放す際の利益を考えれば決して額面通りの出費になるとは限りません。

人気の高いモデルを購入する際は、買取相場の利益率を含めて検討すればより幅広い選択肢の中から選択出来るでしょう!

5.ロレックスの買取なら弊社PREMIER VALUEへ

メンズ向けのロレックスを購入する際は、買取価格も同時にチェックしながら検討することをお勧めします。

換金率を含めて検討すれば、より幅広い選択肢の中からロレックスを購入できるはずです。

しかしながら、ロレックスの買取価格は各ショップによって変動するもの。

買取相場の影響もあり、ショップの在庫情報なども関係します。

そのため、最高額での買取は多数のショップをチェックする労力が必要になります。

専門家が鑑定と複数の店舗への交渉を行う弊社の一括査定サービスをご利用いただければ、お持ちのロレックスを最高の価格で売却することができるでしょう。

弊社の利用を検討しながら、お好みのロレックスを購入していただければと思います。

最高買取価格実現

ブランド、商品毎に高額買取をしてくれる専門店は異なります。
プレミアバリューでは、専任のプロが各専門店と交渉を行い
最高買取価格を実現します。

最高買取価格実現します

ブランド、商品毎に高額買取をしてくれる専門店は異なります。プレミアバリューでは、専任のプロが各専門店と交渉を行い最高買取価格を実現します。

買取に関する
おすすめコンテンツ

プレミアバリューでは、買取に関する様々な「知りたい」にお答えする、
お役立ち情報を発信しております。

ウブロクラシック・フュージョンの中古おすすめ!お得な購入方法も紹介

目次1.ウブロクラシック・フュージョンの中古で人気のモデルは?2.ウブロのチタニウムが人気のわけ3.ウブロのクラシック・フュージョンを中古で買うメリット・…

詳細を見る

ウブロのリセールバリューは高い?人気の秘密も解説!

目次1.リセールバリューとは?2.ウブロのリセールバリューは高いのか3.ウブロのリセールバリューが高い理由4.ウブロのリセールバリューの高いモデルを3つ厳選し…

詳細を見る

ウブロの黒色腕時計で人気があるのは?人気のブラックを見ていこう!

目次1.ウブロの黒の腕時計で人気のあるモデルを確認しよう!2.ウブロの黒モデル腕時計を定価以下で購入する方法3.中古腕時計を安全に購入するには4.一括査定サ…

詳細を見る

ウブロ クラシック・フュージョンはクロノグラフがかっこいい!【コラボモデルも】

目次1.ウブロ クラシック・フュージョンの魅力とは?2.ウブロ クラシック・フュージョン「クロノグラフ」モデルの特徴3.ウブロ クラシック・フュージョン「…

詳細を見る

ウブロが京都で買える店舗はどこ?中古を取り扱っているお店も確認

目次1.ウブロブティック京都店の情報を紹介!2.京都でウブロを取り扱っている店舗は?3.ウブロの修理も京都の店舗で任せられる!4.ウブロを購入するなら買取を…

詳細を見る

ウブロクォーツの魅力に迫る!おすすめモデルも合わせて紹介

目次1.ウブロのクォーツ式は初めは人気がなかった2.ウブロのクォーツ式と機械式の違い3.ウブロのクォーツ式は安価に手に入れられて実用性も高い!4.ウブロのク…

詳細を見る

ウブロの置時計はある?ウブロが販売している時計の種類について解説

目次1.ウブロに置時計はない2.実はウブロには壁掛け時計ならある!3.ウブロは置時計よりも身に付けて楽しもう!4.ウブロの時計を入手する方法5. ウブロの資産価…

詳細を見る

ウブロブティック名古屋店の場所は?正規品が買えるお店も合わせて紹介!

目次1.ウブロブティック名古屋店の場所は?2.名古屋でウブロの正規品が買えるお店は?3.ウブロを修理する時は名古屋の買取店舗に任せられる4.修理ではなく買取…

詳細を見る

【ウブロの偽物の見分け方5選】偽物に騙されずに購入しよう!

目次1.ウブロの偽物が出回っていることを理解しよう2.ウブロの偽物を買わない方が良い理由3.偽物が多く出回っている人気モデル4.ウブロの偽物と本物の見分け方5…

詳細を見る

ウブロが買える大阪のブティックは?他正規品が買える店や修理店も確認しよう!

目次1.ウブロブティック大阪店の場所はどこ?2.ウブロの正規品が買える大阪の実店舗5選3.オーバーホール、メンテナンスなどの修理も大阪の店舗に任せられる4.買…

詳細を見る
他のブランド記事をみる