パテックフィリップ一括査定 カラトラバ買取 カラトラバ買取実績
patek/calatrava

パテックフィリップ
カラトラバ
5227G-010/2019年 未使用品

3,560,000

2022年09月現在

patek/calatrava

パテックフィリップ
カラトラバ
5227R-001/2019年 未使用品

3,420,000

2022年09月現在

時計・腕時計の高価買取なら「PREMIER VALUE」へ

カラトラバ
CALATRAVA
本当に高い買取査定額
をご提示します。

カラトラバ
CALATRAVA

カラトラバは歴史も結構古い時計で人気がありますが、実は始めのコンセプトとしては意外なものを掲げていました。 実は、それまで経営不振に陥っていて、時計が売れずどうにかして起死回生をしなければと焦っていました。 そのため、カラトラバは今までのブランドの伝統や技術を維持しながらも、もっとさまざまな人に知ってもらいファン層を広げるということがコンセプトになっていたのです。 このままでは潰れてしまうという危機感から誕生した時計です。

30秒簡単無料査定

無料査定を開始する

カラトラバ
CALATRAVA
買取価格が高騰中!
新しいモデルに買い替えるチャンス!

320万円

2020年

327万円

2021年

427万円

2022年

patek/calatrava

パテックフィリップ

カラトラバ

5196P-001/2018年 未使用品

245万円

2020年

250万円

2021年

256万円

2022年

patek/calatrava

パテックフィリップ

カラトラバ

4897G-010/2020年 未使用品

カラトラバ
CALATRAVA
買取強化モデル

過去の買取実績

カラトラバ
CALATRAVA
高価買取の査定ポイント

patek/calatrava
  • patek/calatrava

    付属品(箱・保証書・ブレスレットのコマ等)がすべてそろっている

  • patek/calatrava

    保証書に販売元スタンプ印当の記載があり、保証書日付が1年以内のもの

    保証書の日付が1年以上経過している商品やすでに廃盤になったモデルはシリアルや
    保証書日付等の内容に買取価格が異なる場合がございます。

  • patek/calatrava

    ケースガラス(風防)の商品状態

  • patek/calatrava

    ケース・ブレスレット・リューズ・バックル部などの外装に
    打痕や損傷等の目立つキズがない状態

  • patek/calatrava

    ムーブメントの商品状態

カラトラバ
CALATRAVA
高価買取できる理由

パテックフィリップからさまざまな時計が出ていますが、カラトラバは今でも大人気の商品です。 ノーチラスやアクアノートとともにさまざまな方から愛用されていて、ロングセラーの時計でもあります。 買取価格が業者によってさまざまですので、一括査定をすることをオススメいたします。ただ、すべての業者を探し出し、個人で一社一社に見積もりを出してもらい比べるというのは大変です。ぜひプロフェッショナルのいるPREMIER VALUEをご利用ください。 PREMIER VALUEにご依頼いただければ、一度に20社まで査定の依頼ができますので、一気にカラトラバを高値で買取してくれる業者を探し出せます。それで終わりではなく、PREMIER VALUEではさらに交渉を行い最初に出た価格よりももっと高くなるように交渉をいたします。

パテックフィリップのカラトラバは今でも大人気!
買取のコツについても紹介

パテックフィリップからさまざまな時計が出ていますが、カラトラバは今でも大人気の商品です。
ノーチラスやアクアノートとともにさまざまな方から愛用されていて、ロングセラーの時計でもあります。
1932年に誕生して永遠の名作と言われる程にもなっています。
今回はカラトラバの歴史や特徴、買取を依頼する際のコツについても紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

  • カラトラバのコンセプトと歴史について

  • カラトラバは歴史も結構古い時計で人気がありますが、実ははじめのコンセプトとしては意外なものを掲げていました。
    実は、それまで経営不振に陥っていて、時計が売れずどうにかして起死回生をしなければと焦っていました。
    そのため、カラトラバは今までのブランドの伝統や技術を維持しながらも、もっとさまざまな人に知ってもらいファン層を広げるということがコンセプトになっていたのです。
    このままでは潰れてしまうという危機感から誕生した時計です。

    カラトラバの歴史

    1839年に創設されたパテック, チャペック社がルーツとなり、そこから発明の天才と言われたジャン・アドリアン・フィリップと出会い、経営を一緒に行いました。
    その後チャペックは退社してしまい、社名も1851年にパテック, フィリップ社としました。
    そして、世界一の時計作りをすると意気込んで、時計作りに熱心に取り組んだのです。
    努力も実り、今では時計界の最高を獲得し、皆から愛される会社となりました。
    1932年に初めてのカラトラバが発表され、今でも当初のインデックスや針などのモデルを活かして製造しています。

  • カラトラバの特徴

  • カラトラバには魅力的な特徴がいくつもあります。
    こちらではどんな特徴があるのか紹介していきます。

    フォーマルなシーンに似合うおしゃれさ

    さまざまな時計が販売されていて、もちろんフォーマルなシーンに似合うおしゃれな時計もありますが、カラトラバの時計は立体的で特におしゃれなデザインになっています。
    そのため、1932年にデビューしたにもかかわらず、今でも大変人気の時計なのです。
    昔に作られているにもかかわらず、昔ながらの時計のような古くささは一切なく、時を超越した美しさを持っているのも特徴です。
    今の時代に持っていてもおしゃれなデザインは、世界のエグゼクティブに好まれています。

    保証がどこよりも充実している

    普通の家電製品などは10年経てば部品もなく、修理が難しいなどずっと保証してもらえるということはほぼありませんが、カラトラバはどんな昔に製造された時計でも、すべてのメンテナンスや修理に対応しています。
    今と昔とでは時計の作りが細かく変わっている部分もありますが、昔の工作機械や工具が揃っているため可能なのです。
    さらに、技術もしっかりと受け継がれているため、どんなに昔の時計でも故障してしまったらお願いすれば直してもらえます。
    機械だけを頼るのではなく、ほとんどが手作業での時計作りをしているところもポイントです。

    パテックフィリップならではの技術が詰まっている

    ほかの時計では真似できないような技術がギュっと詰まっているため、カラトラバでしか味わえない使い心地を実感できます。
    時計の製造では、100を超える特許を持っていて、さまざまな技術が1つの時計の中に入っています。
    普通では扱いが大変な小さな部品も、手で研磨して組み立てていく技術を持っているのです。
    職人たちは昔から今までの技術をしっかりと持っているため、時代が変わっても必ず修理ができます。

    十字のエンブレムも特徴

    カラトラバをはじめパテックフィリップの特徴といえば十字のエンブレムです。
    1887年に商標登録されていて、このロゴを見たらすぐにパテックフィリップの時計だとわかる程の象徴でもあります。
    この十字のエンブレムは、はじめはカラトラバ騎士団が紋章に利用していました。
    勇気、独立、礼節という意味もあり、パテックフィリップで考えている理念と一致しているということもあってアレンジして使われるようになりました。

    カラトラバにはさまざまな時計がある

    好みはその方によって違いますし、同じメーカーの時計であっても人と少し違うものを持ちたい感じている方もいるでしょう。
    カラトラバは、自分の好みに合わせて時計を選べるくらいに種類が豊富です。
    特にデザインもさまざまあり、曲面仕上げになっているものからダイヤモンドを使ったものまであります。
    さらに、ケースのサイズも少し大きめのものから小さいものまで揃っているため、自分の好みに合わせて選べます。
    ムーブメントは、手巻きや自動巻きかも自分の好きなタイプを選んで購入可能です。

  • カラトラバの系譜

  • ここではカラトラバの系譜の中で代表的なモデルチェンジをピックアップしてご紹介いたします。

    初代カラトラバRef.96


    こちらは初めてカラトラバが生まれた時の時計で、製造は1932年から1973年頃まで作られていました。
    当時の時計の中でも大変上品で、シンプルかつおしゃれだったため、発売した時から話題になりました。
    文字盤一つを見てもシンプルでありながらおしゃれさがあり、今でも大人気の時計です。
    初代カラトラバはRef.96とされており、5196等の末尾が96の品番のモデルは初代カラトラバのデザインを引き継いで製作されております。
    96の品番は”クンロク”とも呼ばれております。フラットのベゼルやシンプルながら洗練された文字盤等のカラトラバならではの機能美は初代のモデルから引き継がれたものと言えるでしょう。 初代のレイアウトは今でも受け継がれていて、カラトラバファンから愛されています。

    カラトラバのデザインを刷新

    Ref.96からRef.3445にモデルチェンジをしたことを機会にカラトラバのデザインが大きく代わり、現行に近いデザインとなりました。
    細身のインデックスと直線的なラグはこのモデルから採用されたもので、シンプルさを一層感じるようなデザインとなりました。

    自動巻きが初めて採用されたRef.2526

    今までのモデルは手巻き機構のもののみでしたが、自動巻きがRef.2526から初めて採用されました。
    自動巻きが採用されてもなお、カラトラバならではの薄さは健全です。

    直線ラグが初めて採用されたRef.3445


    現行モデルの優美さを彩っている一部と言っても過言ではない直線ラグ。 Ref.3445のモデルチェンジを機にこの直線ラグが初めて誕生されました。

    2ピース構造が初めて採用されたRef.2545


    ベゼルとケース本体と裏蓋で構成されている時計のことを3ピース構造と言いますが、対照的にベゼルとケース本体(裏蓋と一体型)と2ピース構造と言われております。
    2ピース構造で製作されることにより、隙間が3ピース構造より少ないので、防水性が高くなります。
    その2ピース構造がRef.2545が採用されました。

  • カラトラバの型番を5つ紹介

  • ここからはカラトラバの型番を5つ紹介していきます。
    どれも人気の型番ですので、高値で買取してもらえるかもしれません。

    パテックフィリップ カラトラバ-96

    カラトラバの傑作と言われるRef.5196は末尾が96となっていることから初代カラトラバRef.96を継承したモデルの一つでありますが、
    手巻きキャリバーのCal.215 PSが採用されており、ケースの厚さが他の時計と比べて薄いことが特徴の一つとして挙げられます。
    このケースの薄さを含めた、初代からの機能美がカラトラバ5196の魅力の一つと言えるでしょう

    パテックフィリップ カラトラバ-565

    こちらは製造が1938年から1968年頃までの時計で、手巻きタイプになります。
    時計としては初代のカラトラバは少し小さいという声もあり、少し大きめの時計も作ろうと作製したのが565です。
    パっと見た感じでは初代のものに比べて大きさが目立ち、違いがすぐにわかります。
    大型でありながらもカラトラバの上品さは受け継いでいて、文字盤のデザインやケースもおしゃれな作りになっているため人気が出ました。

    パテックフィリップ カラトラバ-570

    こちらは製造が1938年から1968年頃まで行われた時計で、手巻きタイプになります。
    初めに製造されたカラトラバと近いデザインになっていて、上品でありかつおしゃれです。
    文字盤もさまざまなバリエーションがあるため、好きなタイプを選べます。

    パテックフィリップ カラトラバ-2572

    こちらは1950年代に作られていて、手巻きタイプになります。
    ほかの時計に比べて小ぶりなラグになっていたため、これまでの時計とイメージが違うということもあり、定番とまではなりませんでした。
    しかし、今となって独創性やほかの時計と少し違ったところが良いという声もあって、2012年にリバイバルもされています。

    パテックフィリップ カラトラバ-2545

    製造年は1950年代に作られ、手巻きタイプになります。
    水にも強く使いやすいようにと防水ケースを採用した時計です。
    少しケースも大きくし、構造も3ピースから2ピースにしています。
    機能が充実したからといって分厚くなることもなく、薄型で使いやすい形になっています。

  • カラトラバを高く売るには

  • ここからはカラトラバを高く売るためのコツについて紹介していきます。
    何もしないで本体だけを持っていくのと、しっかりとコツを知っているのとでは価格も大きく変わってきますので覚えておきましょう。

    基本的に付属品はすべて揃える

    本体に価値があるように感じてしまいますが、カラトラバのような高級時計は、購入した時の箱や袋、保証書、説明書などすべてに価値があります。
    一緒に揃えて持っていくかいかないかで、数万円の差が付く場合もあります。
    せっかく家に取ってあるのに、買取査定する時には本体だけを持っていってしまったのではもったいないです。
    必ず本体のほかに購入の時に付いてきたもの、すべてを揃えて持参していきましょう。

    付属品なくても諦めない

    当時はすべてを捨てずに取っておいた記憶があるのに、なぜかどこを探しても箱や保証書が見つからないという場合もあるでしょう。
    だからといって、次に欲しい時計もあり、早く売りたいと考えている方もいるかもしれません。
    もしどうしても見つからないという時には、本体とともに、正規メーカー修理やメンテナンスした際の証明書を持っていけば高価買取になる可能性が高いです。
    もし偽物であればそもそもパテックフィリップ側で修理を受け付けてくれないため、修理をした証明書も手に入れられません。
    正規メーカーでメンテナンスしたというのは、本物である証です。
    メンテナンスを最近したなどという場合、証明書であれば残っているのではないでしょうか。
    まずは諦めずに持参して、買取査定してもらいましょう。

    有料の修理はしなくてOK

    カラトラバを有料で修理しようとすると、結構な金額がかかってしまいます。
    保証期間内であればその中で修理を行ってもらえますが、期間が終わった後は高い金額を支払わないと修理できません。
    しかし、買取業者に持っていけば、低コストで修理することも可能な場合があり、安い修理代で済む可能性があるからです。
    高く売りたくても、その前に高い金額を取られてしまっては大変です。

  • さらなる高額査定を目指すために

  • ここまでカラトラバの買取価格や高価買取のための必要事項についてお伝えしてきましたが、あくまで買取価格というものは目安なので、査定の仕方や時計の状態によって査定金額が大きく変わってしまう場合があります。 手放してしまった後に「もっと高く売れたかもしれない」と後悔しないためにも、査定に出す際に気を付けるポイントを抑えておきましょう。

    相場の流れを抑える

    まず一番大切なことが、買取相場の流れを読むということです。
    パテックフィリップはご存知の通り資産としても高い価値を持つため、他の資産同様景気の影響を受けて価格が変動します。
    2020~2022年のパテックフィリップの相場はまたしても高騰し続けました。 2020年5月ごろには一度下落したもののV字の回復を見せ、その勢いのまま現在まで高騰の流れが続いています。
    何故パテックフィリップの相場はこのような高騰が続いているのか。
    様々な要因が挙げられますが、我々全員に関わる事柄として世界規模の新型コロナウイルスの流行が挙げられます。
    世界中の人と物の移動に制限が掛かる中、パテックフィリップもまた苦戦を強いられており、その影響が相場の異様な高騰の遠因になっているのです。 そのため、パテックフィリップの高騰についてはコロナウイルスの終息が大きなカギになるでしょう。
    また、海外製品であるため為替相場の影響も大きく受けます。
    一方で、カラトラバを代表とするドレスウォッチモデルは、安定した人気を誇っているため、それら経済的な影響により一時的に価格が下落したとしても、ある程度の期間を置いて復活する傾向にあります。
    なので、カラトラバを手放すことを考えている際に、価格が下落傾向にあった場合は、一度様子を見てみるのも手かもしれません。

    査定で確認されるポイントを抑える

    査定では買取相場が確認されたうえで、時計の状態確認が行われます。
    その際に確認されるポイントは大きく分けて以下の3つです。
    ・未使用品か中古品か
    ・傷や故障があるかなど使用感について
    ・コマなどの付属品や、保証書は揃っているかどうか

    一般的なブランド時計と異なり、パテックフィリップの場合傷や故障があったとしても値段がつくことが多いです。
    修理に出したら逆に修理代が高くついてしまうこともあるので、気になったら一度査定に出してみることをお勧めします。

  • カラトラバの高価買取は複数店舗の査定がおすすめ

  • パテックフィリップ カラトラバの現在の買取相場や買取価格について、お分かりいただけたと思います。
    また、パテックフィリップの査定を行う際には複数店舗を比較することが大切であるということも知っていただけたと思います。
    一方で、このご時世に1店舗1店舗出向いて査定してもらうのも難しいかもしれません。
    最近では複数店舗の査定を一括で請け負ってくれる、一括査定サイトというサービスがあります。
    一括査定サイトを利用すれば、家にいながらでも気軽に複数店舗から査定してもらうことが可能なだけではなく、複数店舗を比較した上で最高額での売却も可能です。 お手持ちの カラトラバ の売却を検討中の方は、ぜひ一度お問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

  • カラトラバを売るならPREMIER VALUE一括査定がおススメ

  • カラトラバは近年の買取相場が高騰しています。
    ラグジュアリー時計として有名なカラトラバは、ショップにとっても在庫を切らしたくない商品の一つ。
    買取相場が高騰している今はカラトラバを手放すにはちょうどいいタイミングです。 しかし、高騰している時の相場は不安定なものですから、ショップによって全く買取価格が変わる場合があります。
    パテックフィリップのカラトラバを売る際には、事前に相場価格を調べておくことをおススメします。
    おおよその買取額相場を知っていれば、値段の交渉がしやすくなるからです。
    さまざまな業者を比べて、よりカラトラバを高く買い取ってくれるお店を探すという行動は重要になります。
    しかし、実際自分でさまざまな店舗を回って、査定をしてもらうのは大変です。
    弊社では専任のプロが各専門店と交渉を行い、より高く買い取ってもらえるように話をつけます。
    交渉に関しては無料で行っておりますので、ご安心ください。
    高級時計・高級ブランドバック専門のPREMIER VALUE一括査定では、特にパテックフィリップには強く、最大で20社までの査定が可能ですので、ぜひご活用くださいませ。
    利用料、査定料などは一切不要です。
    すべて無料でお使いいただけます。
    専任コンシェルジュが親切丁寧に対応させていただきますので、使い方がわからない場合でもお気軽にご利用くださいませ。

    現在は買取価格が高騰している傾向がありますので、売却した金額で他のパテックフィリップの時計を購入されるのもよいかと思います。
    カラトラバの購入方法は以下に記載させていただきます。

    30秒無料簡単査定!

  • カラトラバを購入する方法は?

  • モデルによって適切な購入方法が変わってきます。ここではその方法を4つ紹介します。

    正規店で購入する

    まず正規店で購入をするという方法です。カラトラバは中古相場が高騰しがちなモデルも多いですが、現在正規店では購入も難しい状態が続いております。
    そのため、正規店購入はまずできないと考えてもよいでしょう。

    並行店で購入する

    並行輸入を行う店舗から購入をする方法です。定価に縛られずに割引価格で購入できるのがメリットです。
    しかしカラトラバに関しては定価以上でも購入したいというニーズがかなり高いため、その恩恵は期待できない可能性が高いでしょう。

    中古取扱店で購入する

    カラトラバの腕時計を購入する場合、中古取扱店での購入がどうしても多くなります。 中古取扱店は人気モデルでも取り扱われている確率が高い点が魅力です。商品ごとに価格や状態にばらつきがあるため、いくつかの店舗を回り、比較した方が良いでしょう。

    PREMIER VALUE SHOPで購入する

    弊社PREMIER VALUEで運用している高級時計専門ECサイトとなります。
    掲載している品物に関しては、ベテランのバイヤーが品質・価格ともに厳選させて頂いております。 LINEで価格交渉も可能です。なにかご不明点がありましたら、ご質問をLINEからいただければ、弊社コンシェルジュが 対応させていただきますので、ご連絡いただければ幸いです。 是非、ご検討してみください!