2022.6.13

【2022年最新】GMTマスター 16700の買取価格と推移。IとIIの違いとは?

ロレックスの人気コレクションGMTマスター。近年は製造終了モデルの需要が上がっており、GMTマスターIの最終モデル16700の価値が高騰しています。
この記事ではデイトナ 16700の買取価格や推移について解説致します。
16700の買取を検討されている方は、ぜひご一読ください。

『 PREMIER VALUE 一括査定』で査定する

提携業者60社以上&海外バイヤーの中で一番高い査定額を、当サービスコンシェルジュがお客様にご提示します。

簡単無料たった30秒
WEBで査定する LINEで査定する

GMTマスター 16700の特徴と魅力

16700はGMTマスターの4世代目として発売されたGMTマスターIの最終モデルです。
90年頃に発売され、高い実用性と個性的なデザインから人気を博しました。
ムーブメントにはフリースプラング仕様のCal.3175を搭載。精度の高さに加えメンテナンス性にも優れることから、製造終了から20年以上経過した今なお需要は尽きません。
赤青ベゼルと黒ベゼルの2種類がラインナップされており、風防はシリーズとしては初となるサファイアクリスタルガラスが採用されました。

ロレックス GMTマスター 16700 買取

GMTマスターのヴィンテージモデルとして需要を博す16700ですが、その魅力はデザインだけはありません。GMTマスターIの特徴である日付クイックチェンジを備えることも見逃せないポイントです。

GMTマスター「Ⅰ」と「Ⅱ」は見た目こそ瓜二つですが、GMT針の仕様に違いがあります。

「Ⅰ」:短針のみを単独で動かすことができない代わりに日付クイックチェンジが使える。
「Ⅱ」:短針のみを単独操作することができ、細かな調整ができる。ただ、日付クイックチェンジは省かれている。

GMT機能だけを見ると「Ⅱ」の方がスペックが上です。しかし、あまりGMT機能を使わないという方であれば、「Ⅰ」の方が使いやすい場合があります。
GMTマスターI 16700とGMTマスターII 16710どちらを手にするか迷われる方が多いですが、あえて16700を選ぶ方も少なくありません。
近年はGMTマスター全体の人気高騰に伴い、市場価値が上昇傾向にあります。

マイナーチェンジによる価格差

16700は約10年にかけて製造されたロングセラーモデルです。ロレックスの時計製造技術が大きく向上した時期に販売されたモデルであるため、年式によって異なる特徴を持ちます。
主なマイナーチェンジは以下の通りです。

■シングルバックルからダブルロックバックルに変更(1995年)
■フラッシュフィットが分離型から一体型へと変更(1999年)
■夜光塗料がトリチウムからスーパールミノバへ変更(1999年)

16700の価格は基本的には年式相応です。仕様が新しい程、買取価格が上がります。ただ、16700はヴィンテージモデルとしての需要があるため、初期モデルの価値が高騰しています。

現在注目が集まっているのはシングルバックル&トリチウム夜光を備えた個体です。通称「シングルトリチ」と呼ばれ、独特な雰囲気を持つことから人気が上がっています。

この2つの特徴を備える個体は前期モデルに見受けられますが、近年は流通量が減っていることから手に入りにくくなっています。今後も品薄状態は続くと予想されており、状態の良い個体であれば高価買取が期待できます。

16700のレア個体 チャック・イエガー

16700 チャック・イエガー

16700のレア個体としてチャック・イエガーが挙げられます。こちらの個体は「リアルマッコイズ社」とロレックスのコラボモデルで、16700においては赤青ベゼル、黒ベゼルそれぞれ50本ずつ製造されました。(16710は赤黒ベゼル50本)

基本的なスペックは通常モデルと同一ですが、文字盤に赤文字で「CHUCK YEAGER」とプリントされていることが特徴です。米軍のパイロットであったチャック・イエガー氏の音速突破50周年記念式典に合わせて発表された経緯から、裏蓋に愛機ベルが刻印されています。

製造数が少ないレア個体かつロレックスとしては珍しいダブルネームモデルであることから、市場価値は年々上昇しています。通常個体よりも3倍以上高値で取引されており、買取価格もプレミア価格となるでしょう。

GMTマスター 16700の買取価格と推移

16700の買取価格は安定的です。ここ数年は120万円前後の相場で推移しており、生産終了モデルでありながら常に高値で取引されています。
2000年代はまだロレックスが高騰していなかった時期なので、個体によっては買取価格が購入価格を上回ることもあり得ます。

GMTマスター 16700 買取

買取価格(2022年6月現在):約145万円

※最新の買取価格はこちら参照

安定的に買取価格を高めている16700ですが、2022年に入ってから相場が高騰傾向にあります。
2022年2月頃に150万円前後まで高騰し、その後も高水準をキープしています。
GMTマスターの需要は年々高まっているため、今後も需要が尽きることはないでしょう。

GMTマスター 16700の売り時はいつ?

90年代にGMTマスターの顔として君臨した16700。製造終了から約20年が経過しますが、買取需要はいまだに健在です。
ただ、気になるのは今後さらに高騰する可能性があるのか否か。
結論から申し上げますと、劇的な高騰は期待できないと思います。

ロレックス 相場

ロレックスの相場は近年右肩上がりの相場となっていますが、ロシアのウクライナ侵攻をきっかけに人気モデルの買取価格が頭打ちになり始めました。
一部のモデルではすでに下落が始まっており、GMTマスターに関しては2022年2月をピークに相場がやや下がりはじめています。
16700も2022年に入ってから需要が高まっていますが、大きな高騰は見受けられません。
現状を踏まえると、少しでも高く売りたいのであれば、今売ってしまうことも賢い選択であると言えるでしょう。

GMTマスター 16700を高く売るには?

16700は高い人気を誇るデイトナの注目モデルです。年式が新しいモデルだけでなく、ヴィンテージモデルの評価も高く、「シングルトリチ」の価値が高騰しています。

ここではGMTマスター 16710を高く売るためのコツを紹介いたします。買取を検討されている方は、是非以下を参考にしてみてください。

付属品も一緒に買取査定に出す

GMTマスター 16700の査定額を上げるために必ず用意しておきたいのは「付属品一式」です。

16700には箱、保証書、説明書や予備のコマといった付属品があります。時計だけに価値があると思われがちですが、付属品にも価値があります。これらが付属されているか否かで、大きく買取価格が変わってきます。

特に保証書の有無は時計の価値を大きく左右するため、査定に出す際は必ず持ち込みましょう。

時計のコンディションをベストに保つ

GMTマスター 16700に限らず、高級時計は時計の見た目をきれいにしておくことで、買取価格が上がります。

キズが多い個体を買取する場合、再販売するためのメンテナンス費が発生するため、買取業者はどうしても買取価格を下げざるを得ません。

しかし、キズのない個体であればオーバーホールのみで時計を再販売することができるため、買取価格が上がります。

16700の買取をお考えの方は、できる限り時計をきれいな状態にしてから査定に出すようにしましょう。

キズ有りでも高く売れる時期を見逃さない

GMTマスター 16700を査定に出す際、年式が新しく、キズや故障がない個体が最も高く売れます。

しかし、たとえ状態に難がある個体であっても、16700が買取不可能になることは殆どありません。

なぜなら、16700は需要が高く、どの年式の個体であってもよく売れるからです。

キズがあるから売れないと勘違いして売り時を逃してしまう方もいますが、余程のキズでなければ一定の減額程度にしかならないでしょう。

手放すことを考えている方は、キズが有っても無くても、高く売れる時期に売ってしまうことをオススメ致します。

複数の店舗に査定依頼を出す

GMTマスター 16700の買取価格は査定を行う店舗によって大きく変わります。 そのため複数店舗の買取金額を比較することが大切です。

しかし、1店舗1店舗出向いて査定してもらうことは、大変手間と時間がかかります。

そこで利用したいのが複数店舗の査定を一括で請け負ってくれる、一括査定サービスです。

一括査定サービスを利用すれば、家にいながらでも気軽に複数店舗から査定してもらうことが可能なだけではなく、複数店舗を比較した上で最高額での売却が可能です。

GMTマスター 16700を売るならPREMIER VALUE一括査定がオススメ

GMTマスター 16700を高く売るためには、買取店選びが重要です。

在庫状況や買取店の得意ジャンルによって買取価格は変わるため、業者選びによって数十万円にも及ぶ価格差が生じます。

そこで利用したいのが PREMIER VALUE一括査定です。

弊社では専任のプロがさまざまな各専門店と交渉をし、一括査定を致します。

一括査定はサービスによって各業者が依頼主に査定額を直接電話で伝えているところも多く、全てに対応するのは非常に手間が掛かります。
しかし、PREMIER VALUE一括査定なら営業電話が無く、スピーディーに買取業者を比べることができます。さまざまな業者を比べることができ、かつプロが交渉しますので、さらに高価買取になる可能性がございます。
利用料、査定料などは一切不要です。すべて無料でお使いいただけます。
査定から最短120分で買取を行い、完了させることも可能ですので、お急ぎの際にもぜひPREMIER VALUE一括査定をご活用ください。

『 PREMIER VALUE 一括査定』で査定する

提携業者60社以上&海外バイヤーの中で一番高い査定額を、当サービスコンシェルジュがお客様にご提示します。

簡単無料たった30秒
WEBで査定する LINEで査定する
あわせて読みたい関連記事

GMTマスターII 116710BLNRの買取価格と推移。バッドマンの相場に迫る

GMTマスターII 126710BLNRの買取価格と推移。最新モデルの需要とは?

GMTマスターII 116710LNの買取価格と推移。黒ベゼルの評価は?

GMTマスターII 126711CHNRの買取価格と推移。ルートビアの価値は?

ロレックス GMTマスターII 126720VTNRを買取!その査定額とは?

GMTマスターII 126710BLROの買取価格と推移。赤青ベゼルが高騰中

GMTマスターII 126719BLROの買取価格と推移。メテオライトの価値は?

GMTマスターII 126715CHNRの買取価格と推移。ルートビアの需要は?

GMTマスター 16710の買取価格と推移。高く売れる個体はどれ?


この記事では、GMTマスター 16700の買取価格推移と、おすすめの買取方法などを紹介しました。最後にロレックス買取に関するよくある質問を掲載します。

ロレックスを高価買取してもらう方法は?

一括査定サービスの利用がおすすめです。PREMIRE VALUEのロレックス専門一括査定なら、最大60社から見積もりをとれます。ロレックスの専門家が価格交渉をサポートしますので、高額買取が簡単に実現できます。

ロレックスの買取相場はどのように決まっている?

ロレックスの買取相場は時計業界向けオークションの価格を基準に、各店舗の鑑定士が価格を決めています。横の繋がりが強い業界であるため、市場価格から乖離した買取査定金額を設定することはありません。過去実績の詳細については、ロレックスの買取実績をご覧ください。

買取価格アップするためのコツは?

ロレックスの高価買取を実現するためには、「購入時の付属品の保管」「コンディションの管理」「需要の高まるタイミングの確認」を意識することが重要です。リセールを視野に入れている場合は、購入時から上記を視野に入れ、時計を大切に扱いましょう。

PREMIER VALUE コンシェルジュ
並木

大手リユース業者の店長職を歴任。店頭に立ち続け、査定・販売した商品は10万点以上。2021年、PREMIER VALUE SHOP店長就任。

子供の頃からブランド品や、宝飾品・時計が大好きでした。 大人になってからも高級ブランドの歴史や、商品の作りこみの高いこだわりなどに大変な魅力を感じ2010年、ついには仕事として専業者になりました。 今、まさにブランド買取・販売店が乱立し、サービス・価格に関しても均一化に進んでいます。 そうした中で私どもができること。それは、売りたい方から必要とされている方への大切な橋渡し。 新たなオーナー様の喜んで頂いているお顔を思い浮かべ、お品物を大切に扱い、笑顔の連鎖ができるように関わる全ての方へ感謝の気持ちで接する。 単なるブランドショップではなく、リユース・ブランド品販売を通じて社会貢献もできるよう志を持ち、日々営業しております。 掲載している品物に関しては、ベテランのバイヤーが品質・価格ともに厳選させて頂いております。ご要望などございましたら、なんなりとお申し付けください。

最高買取価格実現

ブランド、商品毎に高額買取をしてくれる専門店は異なります。
プレミアバリューでは、専任のプロが各専門店と交渉を行い
最高買取価格を実現します。

最高買取価格実現します

ブランド、商品毎に高額買取をしてくれる専門店は異なります。プレミアバリューでは、専任のプロが各専門店と交渉を行い最高買取価格を実現します。

買取に関する
おすすめコンテンツ

プレミアバリューでは、買取に関する様々な「知りたい」にお答えする、
お役立ち情報を発信しております。

リシャールミル バッハワトソン RM055

【2022年最新】リシャールミル RM055の買取価格と推移。バッハワトソンの価値は?

リシャールミルのアンバサダー「バッハワトソン」の名を冠したセカンドモデル RM055はシンプルな手巻き機構を備えるトゥールビヨン搭載機です。 革新的なプロポ…

詳細を見る
リシャールミル なぜ高い

リシャールミルはなぜ高い?高額買取の理由と人気モデルを徹底解説

高級時計において群を抜く高価格帯に属するリシャールミル。1000万円超えは当たり前で、モデルによっては億を超えるモデルも存在します。 これだけ高価な時計で…

詳細を見る
ロレックス デイトジャスト 126334 ミントグリーン

【2022年新作】ロレックス デイトジャスト 126334 ミントグリーンを買取!レア文字盤の価値は?

Watches and Wonders Geneva 2022にて発表されたデイトジャストの新作 126334 ミントグリーン。フルーテッドベゼルにコーポレートカラーであるグリーンを組み合…

詳細を見る
ロレックス GMTマスター 16700 買取

【2022年最新】GMTマスター 16700の買取価格と推移。IとIIの違いとは?

ロレックスの人気コレクションGMTマスター。近年は製造終了モデルの需要が上がっており、GMTマスターIの最終モデル16700の価値が高騰しています。 この記事では…

詳細を見る
GMTマスターII 126715CHNR 買取

【2022年最新】GMTマスターII 126715CHNRの買取価格と推移。ルートビアの需要は?

ラグジュアリーな意匠を持つGMTマスターII 126715CHNR。上品な黒茶ベゼルとエバーローズゴールドの組み合わせが妖艶な魅力を引き立てるシックなモデルです。他…

詳細を見る
GMTマスターII 126719BLRO 買取

【2022年最新】GMTマスターII 126719BLROの買取価格と推移。メテオライトの価値は?

近年資産価値が高騰しているGMTマスター。ステンレススティール系が人気ですが、ホワイトゴールドを採用した華やかな126719BLROも需要が高まっています。 爽や…

詳細を見る
GMTマスター 16710 買取

【2022年最新】GMTマスター 16710の買取価格と推移。高く売れる個体はどれ?

ツートーンカラーベゼルが強烈な個性を放つGMTマスター。現行モデルだけでなく製造終了モデルも需要があり、特にロングセラーモデル 16710の人気は絶大です。 …

詳細を見る
デイトナ 116503NG 買取

【2022年最新】デイトナ 116503NGの買取価格と推移。シェルダイアルは高く売れる?

デイトナの高級モデルとしてセレブリティーに愛される116503NG。 ステンレススティールとイエローゴールドのコンビ仕様にシェルダイアルを配したラグジュアリー…

詳細を見る
GMTマスターII 126710BLRO

【2022年最新】GMTマスターII 126710BLROの買取価格と推移。赤青ベゼルが高騰中

GMTマスターの象徴である赤青ベゼルの最新モデル 126710BLRO。強い個性を持ちながらも上品な印象を与え、実勢価格及び買取価格が高騰しています。 この記事では…

詳細を見る

【2022年最新】 ロレックス エクスプローラー 214270をどこよりも安く買う方法

ラグジュアリースポーツウォッチの代表格として世代を問わず支持されるロイヤルオーク。 豊富なラインナップが展開されており、どのモデルも高い資産価値を誇り…

詳細を見る
他のブランド記事をみる